ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ナポレオンベストが欲しい!

ナポレオンジャケットよりも、着やすいのではないかと思った。

欲しい~

でもそれよりボトム買わなきゃ―ボトム。(受けではない)

スポンサーサイト

PageTop

ブローチのコツ

ペンダントのコツに引き続き、ブローチのコツ。

私の持ってるブローチはほとんどがアンティークかヴィンテージなので、金具も古いので、付けていて落とさないか不安。
というか、昔一個落としました。
今でも思い出します。
アンティークは一個しかないので、失くしたらもう買えません。
無念。

それ以来、ブローチをつけるときは、ピアスのシリコン製の小さな留め具(?)をピンに付けています。
これもビーズショップとかで、いくつか入って2~300円くらい(?)で売ってます。
意外と、留め金が外れても、落ちる前にセーフティとして機能してくれています

そういえば、着物のときの高価なかんざしとか、髪の毛に挿してるだけだと落としちゃう確立大ですよね。
いつも美しいお着物とかんざしをされてる奥様が、「かんざしの脚に輪ゴムを巻いといたらだいぶマシ!!」とおっしゃってました。
髪の毛に輪ゴムはちょっと微妙ですが、背に腹は変えられない気持ち、わかります。

PageTop

ペンダントのコツ

予約してた菫の花のペンダントをゲット♪
菫モチーフは好きなので、二個目です。
エマイユ(七宝焼き)で作った菫。小さいので、パッと見わからないような気もしますが。
シルバーチェーンもついてたけど、もっと華奢なのがいいと思って、手持ちのシルバーチェーンと変えました。

もう一個の菫は、本物の菫を樹脂で固めたトップと天然石のペンダント。
多分フランスのアクセサリー作家だったと思うけど忘れた;
しかし、長さがイマイチなので、使い勝手がよくなくて一度も出番無し。
これもチェーンを自分で変えよう。
菫のトップの周りに、天然石のチェーンがついてるので、改造しなきゃならないのが面倒ですが…。

そんなわけで、アクセサリーが好きな人は長さや太さやデザインが色々なチェーンをいくつか持ってると便利ですよ♪
私は20本以上あるかも…。
38~70センチまで、太さやデザインは色々。(専門店に行けば、80センチ以上も扱ってるかも)
服によって長さを変えると、活躍できるようになるので、本当に便利です。
私はアンティークとかヴィンテージのアクセサリーや、作家ものが好きなのですが、チェーンを変えたほうが引き立つのものも多かったです。

イタリア製のシルバーチェーンもいいですが、それよりお買い得なのは、シルバーアクセサリーの品ぞろえが抜群にいいエスニックな感じのショップ(雑貨屋さん?)です。
どちらかというと、イタリアチェーンは留め具が大きかったりして、トップが取り外ししにくいので、私はイタリアチェーンじゃない方が使いやすいです。
大阪だと、梅田のヨドバシカメラの6階にあるエスニックなお店が、安価でさまざまな種類のシルバーチェーンを扱ってます。
ヨドバシの同じ階(フロア)に、貴和製作所という、ビーズアクセサリーパーツのお店でもチェーンを扱ってますが、エスニックなショップのほうがシルバーチェーンの品ぞろえはいいです。

貴和制作所では、丸ヤットコと、平ヤットコを買っておくと、何かと便利です。
この工具がないと、シルバーチェーンのトップが外れない!というとき、どうにもならないんですよね。
一個300円ちょっとくらいの工具ですし。
チェーンとトップが取り外ししやすいように間に付ける、シルバーの小さな輪っかとかも売ってます。

全然関係ないですが、今、インディアンジュエリーが色々欲しいです…。
これも作家ものではないにしろ、手作りのものだから、こだわって探したいものですよね~。
散在しそうなのであえて自重中です。

PageTop

作家のアクセサリー 2

前に作家のアクセサリーを紹介したら、けっこう好評だったので、第2弾。

フランスの作家のアクセサリーブランド Corpus Christi
(サイトのアクセサリー画像にオンマウスすると、下にアクセサリーの一覧が表示されます。さらにクリックすると、大きく表示されます)
ナイフに小鳥とシェルの彫刻の小花が付いてるのが可愛いよ~~!
バラの棘があるようなシルバーのLoveの筆記体にシェルの小花が付いてるのも可愛いけど。

日本で取り扱ってるところないんでしょうか?!

たま~~に、セレクトショップとかが取り扱ってますけど…。
日本のアクセサリーセレクトのオンラインショップも見つけましたが、目当てのはないし、ほんのちょこっとしか取り扱いがないです。

Corpus Christi のアクセサリーは、幸運にもかなり安くセレクトショップのバーゲンでゲットしたことがあります。
シェルの小花が円になったのが桜のように見えるネックレスと、3種類のシェルの小花がついた別々にも付けられる3連リング。
私の持ってるのは、なんだか凄く和物っぽい印象ですが、Corpus Christi (キリストの遺体)という日本人にとっては微妙なブランド名…;
おもしろいといえばおもしろいブランドです;

私の持ってるのは日本っぽいですが、上のサイトにあるデザインは凄く変わってて素敵です。
こうゆうの見ると、海外はアクセサリーのレベル高いな~!!!と思います。
まだオープンしてないけど、公式サイトもあるようです。

Corpus Christi 、どっかで取り扱って欲しい!阪急さんお願いします!

PageTop

バレッタ

ショートカット以外の女性の皆さま、髪の毛ってどうしてます?
夏とか暑いのに、そのまま垂らしてられないですよね。

私はめんどくさがりなので(そして髪質もパーマがかからないほど、どストレートで寝癖がつかないので)、朝からブローとか、ホットカーラーで巻くとか、できない。
いつもきっちり髪の毛巻いてる大人の女性って、素敵だなあと思いますが、休日とか気が向いたときしかできません。
しかし、前の職場が、かなりちゃんとしなければならなかったので、私はバレッタをすることが多かったです。

しかし、私が気に入るようなバレッタって、なかなかないんですよね。

imacというブランド(百貨店によくある)のバレッタが、デザインも髪留の金具もすばらしく、一番好きなんですが、高い。一万円近くしたりする。
しかし、高いバレッタを使用してみてわかりました。
安いバレッタは留めにくく、高いバレッタは金具も違う!使いやすい!ということに。
しかし、せめてもうちょっと安ければいいのになと思います。
でも、いつもアールヌーボーのモチーフが入ったデザインがすばらしく、唯一無二なので、好きなの出たら買ってしまいます。

よく百貨店で、インポートで上品にスワロスキーとかついたやっぱり一万円近くするようなバレッタが売れてるじゃないですか。
お金持ちの人はそれを買ったらいいと思うんですが、もっと安くても上品なデザインもあります。

楽天のショップの、ねいる屋さんのなかのアージュクルールのジュリエルというバレッタが便利です。
色はオフィスブラックと、売り切れたのか、今はない配色(深みのあるブルーと、ブルーグレーと、薄紫と、ホワイトのスワロスキー)を持ってますが、やっぱり黒が使いやすいです。
スワロスキーなので、黒以外の色は透明度があって、ティアラみたいな輝きのあるバレッタは、目立つので使いにくいです;

バレッタがちょっと盛り上がった形の金具なので、平面的な金具のバレッタをずっと使っていた人には使いにくいかもしれません。
私は最初違和感ありましたが、使ううちに留め方がわかるようになり、慣れて使いやすくなりました。

使い心地は、けっこういいです。
使いやすいです。
一万円のバレッタの金具の使い心地にはさすがに及びませんが、実用性、耐久性、ともになかなかです。
レビューで、石がとれたとか、斜めに付いてたという報告を読みましたが、私の購入した2点は何の問題もなかったです。
私はいくらのときのセールで買ったか忘れましたが、いま、セールで1500円になちゃってるし。
そうゆうのも関係あるのでしょうか。
ちょっと再購入に不安ですが、最初に強度を確かめて、そのとき石がとれたら接着剤でつけてから使用したら大丈夫かな(?)。
不具合があっても、一週間以内なら代品と交換できるみたいですが。

このお店の他のページには、もっと他にもコームやヘアピンの色んな種類の髪留がたくさんあります。
ワル目立ちそうな派手なデザインも多いですが、探せばシンプルで上品なデザインもありますよ。
ジュリエルのスワロスキーの配置をまっすぐにしたような、プリンセスジュエルが気になります。
980円だし!

ちなみに、ジュリエルは、ブラック土台(金具)バージョンと、普通の金具があります。
プリンセスジュエルも、同じように土台が二種類あるのですが、ブラック土台バージョンは、スワロスキーの配色も違います。
ブラック土台で配色が変化したプリンセスジュエルは、ちょっと高くなって、1180円です。
ブラック土台のほうが、アメジストの配色が綺麗ですね。
以前に私が見たときよりも、完売してなくなってる配色がけっこうあるような気がします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。