ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「ライ麦畑」続編、出版差し止め

「ライ麦畑」続編、出版はダメ=サリンジャー氏の主張認める-米地裁

 【ニューヨーク1日時事】米ニューヨークの連邦地裁は1日、小説家J・D・サリンジャー氏(90)の作品「ライ麦畑でつかまえて」(1951年)の続編とうたった小説の米国での出版差し止めを命じた。問題の作品はスウェーデン人の別の作家の著作で、サリンジャー氏が提訴していた。ロイター通信などが伝えた。
 この小説は英国で既に出版されている「60年後 ライ麦畑を通り抜け」。オリジナルの主人公の60年後を描いたような内容だ。被告側は「ライ麦畑でつかまえて」を批評的に解釈したパロディーだと弁明していたが、同地裁は認めなかった。(2009/07/02-10:54)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2009070200244


続報。
サリンジャー、お元気なようです。
イギリスでは既に出版されているんですね。

作者のJ・D・カリフォルニアって名前も微妙すぎますが、本の内容は、76歳のMr.Cという主人公が老人ホームから脱走して、ニューヨーク市内を彷徨う話らしい。
ヒドイ。
確かに差し止めたくもなるわ。

きっと同人作家とかのほうが、もっと凝ったパロディにできるよ。

出版社がスウェーデンというのもよくわからなかったけど、どうやらやっぱり胡散臭いらしい。
そんなとこまで以下略。


J D California

         また表紙もテキトーな…

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。