ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

道教の美術展

大阪市立美術館で、道教の美術展観てきました~。
なかなかよかったです。
「財」と「パワー」についてとか考えさせられた。これについては説明しだすと長いのでしないですが。

徳川博物館所蔵の、三皇 (伏羲・女媧・神農)の伏羲の彫金が凄かったです。
三皇の絵や彫刻も色々あって、それで初めて三皇をビジュアルで見たんですが、かなり迫力あるというか、化け物じみててびっくりして、別の意味でとっても気になって惹かれました…。
南宋時代くらいの彫刻は、かなりアルカイックなんですが、ギリシャのアルカイックな彫刻とかよりもずっと好きで、やっぱり日本人だからだなーと思いました。
時代的には幅広い展示なのですが、中国の美術と、日本の美術では、同じものを描いてても、いつも違うなあ(中国的身体感覚がないんだよなーと感じる)と思うんですけど、酒井抱一の老子とか可愛かったv
そして、道教が、道教として分かたれたのは、明治からなのですね!
(それまでは、道教も、仏教や神道やその他の信仰と一体になっていたわけですが)
知らなかった!
明治って、enlightenment!なんですね。(西洋文化が入ってくるだけじゃなくて、日本文化に西洋のメスが入るわけです)
改めてそう思います。

客層としては、古書好きそうなおっさんが目についたんですけど、どうしてアンティーク好きな男には爽やかな人がいないのでしょうか?密閉された感じがヤバいです。
何年か前に、友人に貸された三浦しをんの『月魚』は嘘だと思いますよ(笑)。
古物好きの男は皆、密閉された感じであって、特に古書好きは、饐えてすらいるかもと今日思いました(近寄ると臭いがさ…)。
古美術品はかなり高額で、買い手もリッチなので、饐えた人にはお目にかかったことがなかったのですが…。古書は多分、密閉された上に「オタク」も入るからヤバいんでしょうか。
「薔薇のジャム」なんて……実態を知っていれば、笑えます……。
せめて、密閉して饐えてるかもしれない男の業界に咲く一輪の薔薇ジャムくらいのリアリティがあればよかったかも(笑)。

このまえに同じく大阪市立美術館に行った、福澤諭吉展の感想書くの忘れてます。(よかったです!!)
スコットのライブも、スコット出てから書いてないし…。


美術館のあと、天王寺のあべ地下で「黒蜜のかき氷」を発見!
「甘党 まえだ」という、大阪はわりとよく見かけるところ(チェーン店?)で、500か600円くらいでありましたよ。
(美術館割引き券を使ったので、値段がよくわからなかったんだけど、京都より安かったです)
食べた後寒かったけど、すっごい美味しかった~。夏場は毎週食べたかった!

帰りに、外国のチョコレートのチリペッパー入りを買ったら、美味しかったです。
辛いの無理な人は苦手かと思いますが、ほんのり上品な辛さです。


しかし、それどころではなく、
りんご携帯に買い換えたのです。
使い方がさっぱりわからない!(笑)

そんな使わないかとい思って、16GBで、色は白にしました。可愛いです。
初めて携帯に萌えました。

携帯のOSがいいんだと思うけど、他の携帯と全然違うわ~。
りんご製品は、壊れたり、対応が悪かったり、使用説明書が一切ないところが怖いわ。
本買うしかないかしら。

他の会社にコレ作るのは、無理なのはわかるけど、日本製品のコレが欲しい~~~!


今日はヴィゴ・モーテンセンの誕生日です
おめでとう~~~~
いつまでも素敵でいてくださいvv

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。