ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Dumb TypeのS/N

Dumb TypeのS/NがDVD化されなかった悲しみに、できるとこまで自分でテキスト化してみました。
(ダムタイプについては、こちらの記事をどうぞ)
パフォーマンス作品を、文章でなんて見ないほうがいいとは思うのですが、観る機会がとても少ない作品となってしまったので…。

しかも、記憶に基づいて再現してる部分がほとんどなので不正確で、欠けていて、不完全です。
間違ってます!
会話が長いので、(略)ばっかりですみません。
壁に投影されてた(私にとって)重要なテキストは、だいたい揃っています。
(フーコーの引用の訳は違うと思いますが…)
また補足できそうなら、その度に付け加えていきます。
(友人へ、協力ありがとう~)

〈私は夢見る……〉とか、〈愛を発明するのだ〉の言葉とか、私が十代の頃に思い続けていたことがそのまま具現化されたような作品で、これ以上に影響を受けた作品はないなあ……と思います……。
ということは、これからも、ないかもと、久々に観て思いました……;

私以外に観に行かれた方の感想はこちら(全体が要約されてます)。
映像クリップをお持ちなの、うらやましいです…。

詳しくはわからないのですが、今年の3~5月に森美術館で観れる機会もあるそうです。
おそらく、森美術館「六本木クロッシング2010 展:芸術は可能か?」だと思います。
関東の方は、ぜひ~~!

他にもあるらしい(?)ので、何かわかったらまたお知らせします。
京都精華大学では、しばらく毎月観る機会を設けてくださっているのですが、スクリーンがかなり小さいんです。
私は初めて観たときは、映画館のような大きなスクリーンで観て、そのほうが断然見やすくてよいので、機会があれば、大きなスクリーンで観ることをおすすめします~。
私も大きなスクリーンとよい音響設備で観たいです!

無断転載禁止でお願いします

1994年初演のパフォーマンス作品です。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。