ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クリエイティブマン批判となんばHatch

以下は、クリエイティブマンに対する愚痴ですので、いらない方は読み流してください。

プロディジーのフェスはクリエイティブマンなんだけど、クリエイティブマンの主催のライブはいつもイマイチです。セッティングとハコが!!最高だったためしがないよ!!
高い金とってるプロフェッショナルのくせに!!
お願いだから、企業としてじゃなくて、愛をもってライブに取り組め~~。マジで。
お願いです、ほんと。
ライブに行くバンドを愛してるからこそ、そう思うわ。
クリエイティブマンに好きなバンドが呼ばれると、ガッカリすることが多いので、SMASHに呼んでもらいたいです。
プロなんだから、いい仕事してください。
「いいサービスを提供しよう」という気が、0ミリしか感じたことがないです。

ゼブラヘッドも、クリエイティブマンだから不安です。
前回は、松下IMPホールで、散々だったし
いや、ゼブラヘッドのライブ自体は超最高なんですけどね?!
ライブバンドは、ライブハウスでやるべきです。
舞台のある会議室(をとりあえずライブができるように改造した)みたいな所に呼ぶってさ、何も考えてないよね。
クリエイティブマンという主催者は、「ゼブラヘッドを知らない」といってもいい所業です。
多分、あの会場にいた人(客)は、みんな同じことを感じたと思う。

今回は、なんばHatchなので、前より大丈夫だと思いますが、なんばHatchは音響がよくないので(何故だか宙に浮いてる巨大なスピーカー)、私はなんばHatchが嫌いです
なんばという立地条件は、駅近ですばらしいんですけどね。
ちょっと遠くて、海辺でこじゃれてるのが嫌なんだけど(笑)、Zeppの方がいいと思います。

なんばHatchは、あのスピーカーというか、音響設備を今一度考えなおして、作り変えていただきたいです。
言わなくても内心で、それを望んでる人は、多いと思うんですよ。
「言ってもしょうがない」と思って、諦めで言わないだけですが、でもそれは大阪にあるまじき所業だし、「最低限のクオリティが高い」のを、大阪人は自負するべきです。
負けるな!!

なんばHatchの音響はよくないんですが、「イマイチ」なんです。
(つまり、「酷い」レベルではなく、すごく「イマイチ」)
ずっと、「イマイチ」に甘んじている。ずっと、「イマイチ」を我慢しているってゆうのは、ダメ。
だって、音を売ってるんだから。
何か別のサブ的なことならしょうがないし、我慢しますけど。
なんばHatchは、大阪的に、ありえないなって行くたびに思います。
他の都市から来てくれた人も、「大阪ってこんなもんなんだ~(これくらいでいいんだ~)」って思っちゃうよ?
すばらしいアーティストを呼ぶ場所である以上、そこは「大阪の顔」なわけですから。
大阪人ってさ~、蔵屋敷があって、ずっと物流の中心地だったという歴史(「天下の台所」)から、そうゆうののレベルの高さに、すごく寛大で、「最低限のクオリティの高さ」があたりまえだったわけじゃん?
(だからすぐ文句を言う。しかも上方の「対話の文化」なので、突っ込む)
そうゆうのはさ、長い歴史からでてきた、一朝一夕では絶対にできないすごいことなんだからボ~~~~として、薄れて、なくしてしまったあとではもう遅い遺産なのだと思います。
「最低限のクオリティが高くてあたりまえ」ってゆうのは、そうゆう豊潤な文化や伝統がなくてはありえない、伝統そのものなんですよ。
すべてのローマは一日にして成らず。

私は音に関してど素人もいいとこですが、「いいかどうか」とか、「問題があるかどうか」くらいはわかりますよ。
素人なので、何か間違ったこと言ってるかもしれませんが、けして安くないお金を払ってる(なんばHatchには何度も行ってるし、これからも好きなアーティストが呼ばれ続ける限り行く)消費者なので、その意味で間違ってはいませんね。

大阪人根性丸出しのうるさい記事ですみません。
大阪人の合理性の考え方(は、他の土地の人には理解理解できないものなのかもしれない)、丸出しです。
自分的に、「怒ってる」記事を書くのは恥ずかしいこと(無責任に言いたいことだけ言うなら、誰だってできる)で、常に「どうしたらいいか」を書くべきだと思うんだけど、それでも一回大阪人的に怒らないとダメなこともあるのかも。
このへん、伝統と、アウフヘーベンの兼ね合いがよくわかりませんが。

も~~、大阪のおばちゃん(は、ライブに行かないわけですが)、怒ってあげて!!(笑)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。