ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

セックスに関する調査のランキング

20カ国15,000人の女性にアンケート! 「あなたはどの国の男性と一夜を過ごしたい?」

イギリスの『OnePoll.com』がこのほど、20カ国の15,000人の女性を対象に、『ベッドでの男性を国別に評価する』という調査を行った。調査は、評価とともにその理由を記入する形式のもの。調査結果は以下の通り。最下位はあの国。


(長いのでたたみます)

【ベッドでの印象が悪い男性 国別上位】

1位  ドイツ (臭い)
2位  イギリス(怠慢)
3位  スウェーデン(早い)
4位  オランダ(乱暴)
5位  アメリカ(がさつ)
6位  ギリシャ(ネチネチしてる)
7位  ウェールズ(自分勝手)
8位  スコットランド(うるさい)
9位  トルコ(汗ばんでる)
10位 ロシア(毛深い)

【ベッドでの印象が良い男性 国別上位】

1位  スペイン
2位  ブラジル
3位  イタリア
4位  フランス
5位  アイルランド
6位  南アフリカ共和国
7位  オーストラリア
8位  ニュージーランド
9位  デンマーク
10位 カナダ

この調査結果を受けて、『OnePoll.com』のスポークスマンは「この調査結果は、世界中の男性の目を覚まさせるものです。女性の旅行者の方は、是非、出逢いの参考にして頂きたい」と伝えている。

個人差があるので一概には言えないと思うのだが、「臭い」「毛深い」などの体質は傾向としてあるかも知れない。日本人がどちらのランキングにおいてもトップ10入りしていないことは幸か不幸か?

http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=149049


イギリスって、こうゆうの大好きですよね。

「日本人がどちらのランキングにおいてもトップ10入りしていないことは幸か不幸か?」って、ランク外なのは、ベッドの外にいるからですよね…。

あまりのラテン系人気なのは、ベタというか、予想通り過ぎるんですけど、気になるのは、ワーストです。
(「ワンナイト」だからラテン系人気で、「結婚したい男性」とかならまた違うはず)

ワーストの1位ドイツの「臭い」って…。
イギリスの「怠慢」は納得。
スウェーデンの「早い」って……、……想像できた。スウェーデンのロック関連しか知りませんけど。
オランダ、「荒い」ってことでしょうか?
アメリカの「がさつ」は納得…。
気になるのは、6位のギリシャ、「ネチネチしている」ってすごいですね。ある意味誉めてるんでしょうか?

皆さまにはぜひ、「ベッドでの印象が良い男性」の国の男性の振る舞いを普段から参考にしていただきたいです。
でも、ラテン系を参考にするのは、セクシーなコミュニケーションについてだけでいいと思います。
こうゆうのは、男性がプレッシャーから憤ったりしそうですが、そうゆう話ではなく、「コミュニケーション」の技法ですから。
それが、お互いにいい関係が気付ける秘訣だと思うよ~。
何故なら、女性の方が、立場が弱いから
特に日本は、男性優位が強い社会ですから。
(具体的にどうゆうことかというと、女性と会話をするだけでお金がもらえる商売の「ホスト」なんて、上記の国じゃ、ありえないです。日本人男性は、どれだけ女性と会話できないんだという証拠みたいな話です…)

このランキング、女性だけじゃなくて、ゲイ男性にも訊いてみて欲しいな~。


ついでに、イギリスのコンドームメーカー「durex(デュレックス)」の調査と見比べるとおもしろいです。

日本は世界一のセックスレス大国!

 イギリスのコンドームメーカー「デュレックス」が毎年調査するセックスと性の健康についての実態調査『ザ グローバル セックス サーベイ』。今回で9回目となるこの調査、世界41カ国から男女約31万人、日本からも1000人以上が参加したという、世界でも最大規模のセクシャル・ヘルスについての実態調査だ。今回、その結果が「デュレックス」のWebサイトで公開されたのだが、その中で日本人にとってはなんともショッキングな事実が明らかとなった。

 調査項目は、初体験の年齢、セックスパートナーの数、いろいろなセックス経験、所有しているセックスグッズなど赤裸々なアンケート項目が並ぶ。その数は20近くに及ぶのだが、今回衝撃の事実が明らかとなったのはセックスの頻度のついての調査項目だ。

 その調査の結果、日本はなんと『世界一のセックスレス大国』ということが明らかになったのだ。アンケートの結果、国別で年間の一人当たりのセックスの回数が明らかとなったのだが、日本人の平均は年間45回。これは世界平均が103回なのに対して半数以下の回数だ。しかも、下位の国々の結果を見てみると、シンガポール73回、インド75回、インドネシア77回。日本はなんとぶっちぎりで最下位を独走しているのである。調べてみると日本は2003年の調査から3年連続で最下位となっている。ちなみに堂々の第一位はギリシャで、その数138回。3日に1度は必ずセックスをしているという計算だ。

 セックスレス夫婦やED(勃起障害)など性障害に関する問題はここ数年、日本でもメディアに取り上げられることも多くなってきている。そのような社会的背景もこの結果に関係しているのかもしれない。

 しかし、一方で別の見方もある。性障害の相談やカウンセリングを行っている横浜心理相談センターの千田恵吾さんによれば、「『ザ グローバル セックス サーベイ』の結果、日本は世界から見ればセックスの頻度は最下位ですが、逆に週に一度はセックスをしているということも言えるわけです。性障害の話題が取り上げられることも多くなってきた日本においては、週に1度でもセックスができれば十分という考え方もあり、一概に良い悪いと判断はできないですよね」(千田さん)

 様々な要因が絡むこの問題だが、特に東京や大阪などの大都市に住んでいる人ほど、このような性的な悩みを抱える人が多いという。今後もセックスレス大国としての地位は不動のものになってしまうのか・・・?

http://news.livedoor.com/article/detail/1503696/


「durex(デュレックス)」の調査ランキング(↓)です。

この「durex(デュレックス)」の調査は、2005年の調査で 9年目迎え、
41か国、約 32万人以上の人々が回答しています。

【durex(デュレックス)の調査より抜粋】

世界の人は1年間に平均 103回セックスし、
男性(104回)のほうが女性(101回)よりも頻繁にセックスをしている。

35~44歳の人が 112回と、もっとも多くセックスをし、
16~20歳が 90回、25~34歳が 108回だった。

成人の5人に1人は、1週間に 3~4回セックスをし、
5%の人が 1日1回セックスをしている。

国別にみると、もっともセックスをしているのはギリシャ人の138回。
クロアチア人(134回)セルビア・モンテネグロ人(128回)ブルガリア人(127回)が、
それに続く。

シンガポール(73回)インド(75回)インドネシア(77回)が、
世界の中でもセックスの頻度が低い国々だったが、
とくに日本は頻度が もっとも低く、1年間に 45回しかセックスをしていない。

[国別年間平均セックス回数]

【01】ギリシャ:138回(2.6日に1回)
【02】クロアチア:134回(2.7日に1回)
【03】セルビア・モンテネグロ:128回(2.8日に1回)
【04】ブルガリア:127回(2.9日に1回)
【05】チェコ共和国:120回(3.0日に1回)
【06】フランス:120回(3.0日に1回)
【07】イギリス:118回(3.1日に1回)
【08】オランダ:115回(3.2日に1回)
【09】ポーランド:115回(3.2日に1回)
【10】ニュージーランド:115回(3.2日に1回)
【11】アメリカ:113回(3.2日に1回)
【12】チリ:112回(3.3日に1回)
【13】トルコ:111回(3.3日に1回)
【14】アイスランド:109回(3.3日に1回)
【15】南アフリカ:109回(3.3日に1回)
【16】オーストラリア:108回(3.4日に1回)
【17】カナダ:108回(3.4日に1回)
【18】ポルトガル:108回(3.4日に1回)
【19】ベルギー:106回(3.4日に1回)
【20】イタリア:106回(3.4日に1回)
【21】スロバキア:105回(3.5日に1回)
【22】オーストリア:105回(3.5日に1回)
【23】スペイン:105回(3.5日に1回)
【24】ドイツ:104回(3.5日に1回)
【25】スイス:104回(3.5日に1回)
【26】フィンランド:102回(3.6日に1回)
【27】イスラエル:100回(3.7日に1回)
【28】デンマーク:98回(3.7日に1回)
【29】ノルウェー:98回(3.7日に1回)
【30】アイルランド:97回(3.8日に1回)
【31】タイ:97回:(3.8日に1回)
【32】台湾:97回(3.8日に1回)
【33】中国:96回(3.8日に1回)
【34】スウェーデン:92回(4.0日に1回)
【35】ベトナム:87回(4.2日に1回)
【36】マレーシア:82回(4.5日に1回)
【37】香港:78回(4.7日に1回)
【38】インドネシア:77回(4.7日に1回)
【39】インド:75回(4.9日に1回)
【40】シンガポール:73回(5.0日に1回)
【41】日本:45回(8.1日に1回)

http://www.seiryoku-ya.com/jouhou/news.asp?id=52


世界各国の「性的解放度」調査(↓)を見ても、いろいろと浮き彫りに…。

日本人の“ふしだら度”は予想外に低かった-。米国の著名教授が先月30日、世界的学術誌「New Scientist」に発表した世界各国の「性的解放度」調査で、日本が調査対象48カ国中43位だったことが分かった。1位は学力調査でもトップ常連のフィンランド。日本は学力もセックスも“凋落傾向”にあるのか。

 調査は米ブラッドリー大(イリノイ州)のデヴィッド・シュミット教授(心理学)らが実施。世界48カ国、1万4000人以上の男女を対象に、一夜限りの関係を持った人数、今後5年間で何人の異性とベッドを共にすると思うか、カジュアルセックスについての快楽度-などを調査し、ランキングした=別表。

 それによると、トップはフィンランド。以下、上位を欧州各国が独占し、日本はアジアではトップクラスながら、全体では43位。もっとも保守的と評価された最下位国は台湾だった。

 さて、この順位、果たして日本人としては喜ぶべきことなのか?

 日本性感染症学会評議員で性心理に詳しい医師、赤枝恒雄氏(64)は「問題はカジュアルセックスの“質”。全体の順位は低いが、日本の場合、ひとつひとつのセックスの質が非常に悪い」と前置きし、次のように語る。

 「欧州各国の男女は、自我がきちんと確立したうえで大人の判断としてカジュアルセックスを楽しんでいる。しかし日本では、女性を性の対象としか見られない男性が、自分を大切にできない女性を相手にする一方的な快楽セックスが多い」

 赤枝氏のもとを訪れる女性の多くは「もてあそばれた」という意識が希薄。性病の怖さも認識しておらず、「本当の“ふしだらランク”なら、日本が3位以内に入ってもおかしくない」と言う。

 学力との関連についてはどうか? 今回1位になったフィンランドは、昨年の国際学習到達調査で数学的活用力、読解力が2位、科学的活用力では首位だった。

 教育評論家の尾木直樹・法大教授(61)は、「どのデータでも日本の性的開放度は低い一方、アダルトサイトや児童ポルノの8割以上は日本が発信源。特に日本の男性は、セックスが大好きなくせに行動できず、陰湿に情報を楽しむ傾向がある。フィンランドのように、性の喜びを正しく学ばないまま大人になるから、お金を媒介としたセックスに走ることになる」と分析する。

 「初めてのSEX」(集英社)の著者で産婦人科医の河野美代子氏(61)も「性教育も含めた日本の教育の貧しさがそのまま順位に現れており、とても恥ずべきこと。カジュアルセックスの数字が低いことと、国としての性的な保守性は関係ない。日本人のセックス観の寂しさを象徴するようなデータです」と話している。

【国別「性的開放度」ランキング】
1  フィンランド
2  ニュージーランド
3  スロベニア
4  リトアニア
5  オーストリア
6  ラトビア
7  クロアチア
8  イスラエル
9  ボリビア
10 アルゼンチン
11 英国
12 ドイツ
13 エストニア
14 オランダ
15 モロッコ
16 スイス
17 セルビア
18 フィジー
19 ブラジル
20 チェコ
21 オーストラリア
22 米国
23 フランス
24 トルコ
25 メキシコ
26 スロバキア
27 ペルー
28 カナダ
29 イタリア
30 ポーランド
31 スペイン
32 ベルギー
33 コンゴ
34 ギリシャ
35 ウクライナ
36 ルーマニア
37 フィリピン
38 マルタ
39 ポルトガル
40 レバノン
41 ボツワナ
42 エチオピア
43 日本
44 香港
45 ジンバブエ
46 韓国
47 バングラデシュ
48 台湾

(ロシアと中国は対象外)


「ふしだら度」じゃなくて、「大人としての成熟度ランキング」ですよね、これは。
ロシアと中国が対象外なのは、共産圏だからでしょうか…。

フィンランドすばらしい。
日本はほんと、その通り。
どれだけコミュニケーションできないんだ…という結果ですね。

どれだけデータが信用できるかってことは思いますが、日本が入ってくると、現実が客観化されて笑えなくなってしまいました。
日本は、先進国で唯一、HIV感染者が急増している国ですし…。

「ランク外でベッドの外」なのは、「セックスレスだから」で、なぜなら「性的な面で(精神的に)大人じゃないから」(女性とコミュニケーションできないから)というランキングの流れでした。

セックスはコミュニケーションだと思う。

成熟したほうが、お互いに(男も女も)しんどくないと思うんですけどねえ…、ほんとに。
意識して、考えていただきたいです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

スウェーデンの「早い」に大爆笑してしまいました。
どんだけ…(笑)。

日本人って、「性的なことは陰湿にするべき」っていう価値観があるんじゃないかなあ?
「日陰であった方が楽しい」みたいな。
禁断の恋に萌える理由と根っこは同じ気がする。

くろみみ | URL | 2009-10-03(Sat)00:41 [編集]


くろみみさんへ

スウェーデンのロックバンドしか知らないんですけど、音楽(とPV)で想像できてしまったのが笑います。
リンクのORGANIC STONE様が最近、スウェーデンのロックバンド特集されてるので、もし興味あればご覧ください。
想像できちゃうのは私だけじゃないはず~。
そういえば、よく言われる「音楽はセッ○スだ」というのは正しかったんですね…。
早かろうが魅力的です。

フロリー | URL | 2009-10-04(Sun)00:54 [編集]


続きです

>日本人って、「性的なことは陰湿にするべき」っていう価値観があるんじゃないかなあ?
>「日陰であった方が楽しい」みたいな。

日本人って、そうですよね…けっこうしんどいんですけど、だからといって外国のエロは日本人は萌えないと思います。
外国のポル○って、日本のと全然違いますよね!!
ちゃんと観たことなくて詳しくないんですけど。
(性交はしてるんだけど)これでやらしいの?ってくらい、やらしくない。
淫媚さがまったくない!
外国のポ○ノは、最近、ラムシュタインというドイツの変態バンドのPVが、まんまポル○で、ポルノサイトで公開されたのを観たぐらいです。
内容は、男女でインサートしてるんですけど、すごいゲイポ○ノっぽかったというか、インサートシーンのお姉さんがゲイポル○にしか見えなかったんです…。

(h)ttp://visit-x.net/rammstein/
(もしご興味あれば。でも、後半マジでポ○ノで、修正なしですので…)

マジで違うんだと思います。海外の性事情(そのあたりのジェンダー)は。ちょっと衝撃でした。

あ、ランキング1位のドイツは「臭い」をラムシュタインに当てはめてみると、納得です…。
うう…。(別の結論に…)
ラムシュタイン好きなのに…(音楽というよりバンドが真面目そうで)。
いつもSMでゲイっぽいドイツを代表するバンドなんですが、ゲイではなくストレートの男性なんだと思います。
SM好きのくろみみさんならけっこうお好きかもと思いますが、上のPV観たら引かれそうです;

>禁断の恋に萌える理由と根っこは同じ気がする。

「禁断(の恋)萌え」って、外国にもあるんですかねえ?
バンパイアとか流行るってことは、あるんですよねぇ。
「身分違いの恋(禁断萌えの亜種?)」も昔からありますけど…。

フロリー | URL | 2009-10-04(Sun)00:56 [編集]


ドイツは臭いって…。
確かに清潔に関する観念がちょっと違うかも。
ヨーロッパの人はでも似たようなものだと思うけどな~w
アメリカ人は人によるんですよぉ!笑
色んなエスニシティの人がいますからww
スペイン、ブラジル、イタリア、フランスが上位なのは頷けるとして
アイルランド?南アフリカ共和国??
こういう統計はほんと謎だらけで笑えます♪

あけぼの | URL | 2009-10-09(Fri)13:09 [編集]


あけぼのさんへ

ドイツは、身長高いんですよね~。
肉食だから??とか思ってたんですが、体臭と食べ物は関係あるような気もします。

>色んなエスニシティの人がいますからww

アメリカもエスニシティによって、やっぱり玉毛も剃る剃らないがあったりするんでしょうか?(笑)
でも、エスニシティの差よりも、割礼文化が主流だとかあるんですかねえ…。
エスニシティ以上に、剃る剃らないとか、カットかアンカットかとかが主流だとすれば、「アメリカ文化」かな~と思います。

>アイルランド?南アフリカ共和国??

私もアイルランド気になる!!

フロリー | URL | 2009-10-09(Fri)20:07 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。