ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

洗い方のコツ

美髪日記(笑)。
興味のある方だけどうぞ。

美容師さんから、「髪が乾かない状態のまま寝ないように!!」と注意されていたにもかかわらず、生乾きのまま寝てしまいました。
そしたら、次の日、昨日までより痛んでる……!!美髪になってたのに、ショック…。
髪が丈夫なため、以前は常にやっていたので気付かなかったですうが、美髪に取り組んで初めて気付きましたよ~。
美容師さんが、「濡れている状態だと、ダメージが倍になるので」といってるのを始めて実感しました。
よく考えたら、お風呂に入ってると、爪ですら柔らかくなって、ボディショップのボディシャンプーの固いフタが開けられないようになってますから、髪も同じ状態だよな~と納得。
もちろん肌も柔らかくなってるから、ボディシャンプーを開けようとして、親指が傷になってるんですが…。(弱過ぎ?)
なんで親指切れてるの?と思ってたんですが、最近ようやく原因に思い至りました;
(別にボディショップのボディシャンプーはオススメではないんですが、今家に5種類もあるのでしばらく使わないと…)

これからは、髪は絶対生乾きのまま寝ない!!隅々までドライヤーで乾かす!!

と心に誓いました。
美容師さんが、「ドライヤーの前に何か付けた方がいい」とおっしゃっていたんで、それもきっと正しいんだと思いますが、敏感肌だから、怖いんですよね~。そうゆうのって、キツそうなので。
探すのも億劫…。
何かいいのないでしょうか?

そういえば、ソンバーユを買いました。
まだ体以外使ってないんですが、これが大丈夫だったら、髪にもいいらしいし(一時期、馬のシャンプー流行ってなかったですか?)、付けてみようかなあ…。
美容師さんが言ってるのはソンバーユ的なものではないと思いますが、ないよりマシかな、と。
ちなみに、私は椿油はダメでした。キツイです。
油って、キツイのでけっこう恐怖症ぎみです。(アルガンオイルとか気になるんですが)
だからソンバーユもちょっとコワイんですが、すごくシンプルらしいし、評判もよく安価なので買ってみました。
ソンバーユは、一番人体の成分に近いそうです。
ソンバーユは、睫毛に塗ったら睫毛伸びるらしいですが、目に炎症が出てる今はやめときます…。


頭の洗い方のコツ
頭の洗い方、シャンプーの使い方は色々あると思うんですけど、私が一番よかったと思う方法を紹介します。
シャンプーを、直接頭皮につけるように全体に塗ってから、地肌を洗うように洗っていきます。
(髪の毛はゴシゴシしない!!濡れてる髪はダメージを受けやすいので)
私はアミノ酸シャンプーなので、一度洗ってから、二度洗いします。
二回目は、とっても泡立ちが良くなるので、たくさんの泡で髪をパックするように、そのまま一分くらい置いておきます。
それから洗い流す。
乾かす時も、髪をゴシゴシしないようにする。


顔の洗い方のコツ
先日テレビを観ていたら、赤ちゃんみたいなきめ細やかな美肌の50代女性の洗顔法を披露していました。
その50代女性のスッピンのお肌はほんとうにきめ細やかで綺麗でしたが、彼女の美肌の秘訣は、洗顔だけ!!
やっぱ美肌は、洗顔を見なおすのが一番大事なんですね。
その女性はやっぱり凄い敏感肌で、化粧品のドクターストップがかかったそうです(化粧品って、キツイんですよ、やっぱり)。
何も使えなくなってしまったので、洗顔に凝ろう!!と思ったそうです(洗顔以外できないですから)。

洗顔法は、たっぷりの泡で薬指の第一関節から上だけで洗うことだそうです。
やっぱり、ゴシゴシしないってことが大事なんですね。
うろ覚えですが、上を向いたりしてました。(リフトアップ?)
最後は、笑顔のまま、冷水で洗い流す。

「薬指の第一関節から上だけで洗う」というのは、絶対効きますよ!!
私敏感肌だからわかります~。
今目の炎症が痒いんで、気になって無意識でついゴシゴシ触ってしまうんですが、これが本当に肌トラブルの原因です。
敏感肌の人って、元々すごく肌が綺麗なんだそうですが、敏感だから傷つきやすいんですね。
しかし、洗顔オンリー(化粧品一切なし)で赤ちゃんみたいな美しい肌の50代女性って、普通のシワシワの肌の人は、化粧品や洗顔の薬剤でダメージ受けてる部分がとても大きいということですよね~。
シンプルが一番ですね。

参考になれば幸いです。
肌は頑丈なのが、お金がかからなくて一番ですけどね~。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。