ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ソンバーユの使用法(肌が敏感なとき)

ケミカル生活と脱ケミの記事で書きましたが、自分で一つ一つ自分にあったものや、そのやり方を探していくしかないわけですが。
使用法の中間報告です。

ソンバーユは、傷に塗ったら、確かに治りが早かったです!
しかし、そんな傷に塗ったら治りが早くなったり、睫毛に塗ったら睫毛が伸びるらしい(?)ようなものを、日常使いしてもいいのか?!と(個人的に)不安に思っていたのですが。
でも、どうせ買っちゃったのだし、傷に塗ると治りが早いことはわかってるので捨てないですし、たまに使うのがいいかな、ベストかな?と思っております。

使い方としては、肌が敏感になってるな~~と思うときだけ使う。
肌が敏感になってるときは、弱ってるときですから、あんまり刺激をあたえないほうがいいんですね。
美容液とかも、刺激です。
なので、あんまり余計なものを与えないほうがいい。
無印の敏感肌用の化粧水(さっぱり)をたっぷりスプレーして、ソンバーユでフタをする(くれぐれも多くつけすぎない)。

ソンバーユは、肌が過敏になってるときに使おうと思います。
(ちなみに、ソンバーユは油なので、古くなったものは使わない方がいいと思います)

無印良品の敏感肌用の化粧水(さっぱり)は、敏感肌の人にはオススメです。
まず、400mlで、980円という安さなので、水のようにジャバジャバたっぷり使えます。
刺激もないです。
フタを、別売りのスプレー式のヘッドに取り換えて、全身にスプレーできるので気持ちいいです。

刺激のないものをたっぷり使いたい人におすすめです♪

肌が敏感になってるときは、た~~~っぷり無印の敏感肌用化粧水でジャバジャバ潤してから、米粒大のソンバーユを手のひらに伸ばして、ハンドプレスして、フタにする。
とりあえず、これに決めました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。