ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フェミニズムがないものは無理

一人ごとの愚痴です。

私はフェミニストというわけではないし、普段意識もしていない人間なのですが、「フェミニズムがないものは無理」と思うことがけっこうあります。

例えば、ゲイリブについてもそうだし、腐女子の書いたものでもそうです。
フェミニズムがないと無理。
とマジで思ったりします。

それは、私にとっての「常識」だからなんだろうな、と思います。

(もちろん、「フェミニズムは一人一派」であり、フェミニズムだからといって共感できるかというと、違いますが)

普段フェミニズムを意識しない私ですが、「フェミニズムのないもの(思考・言説)」には、実は、ショックを受けちゃったりすることがあります。
無責任さ、無神経さに。
「当事者である」ということ、「他者に対する意識」。
それにまつわる、悪気のない(思考・言説の)無責任な暴力性。

本人はまったくその自覚がなく、悪気もないんだと思いますが。
もちろん、「他人のフリ見て、我フリ直せ」で、そうゆう人を見るにつけ、私も気をつけよう~~~~!!と思うわけですが。
究極的には、「倫理」という話。

でも私も、フェミニズムという思想に、まったくノータッチで生きていたら、きっと自覚がなく暴力的だったかもしれないと思います。
それを当然と思うような、配慮のなさ。
配慮のなさは、(メンタル面での、思考の)道のなさなのかもな、とは思いますが。

・道がないので粗暴になる。
・道がないことがいかにおかしいか、論理的に知っている。

その違いだったりするのだろうか、と思ったり。

(もちろん、「フェミニズム」を知らなくても、配慮ができてる人はいると思いますが、その人は「フェミニズム」という言葉ではないだけで、自然と意識できているんですよね)

コミュニケーションをする以上、その暴力性について、指摘するべきなのか?
指摘しないで、その暴力性にショックを受けていることを隠していることは、ヒドイ気がする?
いくら配慮して、マイルドに、ユーモアをもって指摘したところで、指摘されること自体を暴力的に感じるなら?

コミュニケーションは難しい。
だからこそ、ユーモア(自分に対する客観性や、理性)って大事だよね、と思う。

そして、「コミュニケーションが、最も大事!」と生きてるとつくづく思います。
コミュニケーションの定義ややり方は、人によって全然違うので、ややこしいですが、それは、仕方ない。
他者に対する(つまり自分に対する)考え方だったりすると思いますが。
やっぱりこれも、「倫理」ですが、コミュニケーションのやり方がそれぞれな以上、「ゲーム」でもある。
私はゲームが苦手。
なので、改めて「コミュニケーションが、最も大事!」と言い聞かせなければならなかったり。
配慮ができてる、精神的に大人の人って、素敵でうらやましい。

「ゲームのコツ」って、何かあるのだろうか?
人生の先達者に教えて欲しい……。

【一人ごと、追記】

フェミニズムというか、構造主義に影響を受けたクイアなのかなあ、私は(?)。
ってそんな大層なものではまたくないんですが。
だけど、私が常識だと思ってることは、世間の常識ではなく、そのギャップはある。
世間に構造主義なんて、いらないし…・。
だからこそ、差別されている性的マイノリティの人がつらいってゆうのは、(その部分で)よくわかる(共感する)。
私にとっては(構造主義やフェミニズムは)必要なことだったけど、私は活動家ではないので、ただのギャップ。とするしかない。
浅い「挨拶」をコミュニケーションにしたらいいのは大人としてわかってるけど。

問題1、(思考や価値観や感性が)マイノリティである
問題2、コミュニケーション
問題3、ゲームについて

3で解決するしかないんだよね?
ゲームは苦手です……。
ゲームについての、何かいい本(読めばなるほどと思うような)ないかな?
ゲームって、自分大好きで頭がよいとスンナリできたりしそうな気がするけど…(つまり政治)。
それじゃ心理的に……苦手なままです。

課題、ゲームについて。
忘れちゃいけない課題、いつも前向き。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。