ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

タワレコ インストアライブ

昨日はタワレコに、インストアライブ観に行ってました。
グートと、ホリデイパレードと、クワイエットドライブの、3~4曲ずつの短いアコースティックライブでした。

グートは、SUKIYAKI(坂本九の「上を向いて歩こう」)をカバーしてました。
ボーカルくん、色白の眼鏡っこでした。
ロックのボーカルが眼鏡っこ珍しいし、そのうち、リンキンのチェスターのように、レーザーで視力矯正したりしないで欲しいです。
神経質そうなタイプ。
一生懸命で初々しい。
歌ってるときの顔が可愛いのは得ですね。
CD音源だと個人的には好みではない声ですが、生だと気にならなくてよかったですよ~。

Goot - Alot to Learn



ホリデイパレードは、ボーカルのフロントマンが、自分を熟知してる完璧で隙のないオシャレイケメンで、中身は関西人な感じでした。
完璧にオシャレなんですが、裸足にサンダル履きなのは寒くないのか。
ノリよく、とてもサービス精神旺盛で爽やか。
自分磨きの巧い、完璧に自分を磨いてる人でした。
もちろん、自分の音楽のボーカルも完璧に磨きあげてるので、クワイエット・ドライブ目当てに集まった客たちもみんな拍手。
普通なれない(お目にかかれない)くらい高いレベルでしたが、完璧な努力(それが普通の人はできないんだけど!!)でなれる範囲だったので「自分磨き大切」と思いました。

Holiday Parade - Forever



前の2組のバンドは、初来日の気合いがとても入ってるところが初々しくてよかったです。上手いし。

クワイエットドライブはさすがによかったです。
前の二つのバンドもとてもよいのですが、音の厚みや実力が全然違います。
「才能」と「実力」と言うととても簡単ですが。
努力でなれない範囲ですよ。
服装も適度にダルくてリラックスしてる(マイペースな)とこが、そんなかんじでいいです。
クワイエットドライブのボーカルちゃんは、目を閉じて歌ってるとき意外にトム・ヨーク似でした(笑)。

Quietdrive - Time After Time


このシンディ・ローパーカバーが有名ですが、それよりブリちゃんのToxicカバーの方が好きです。
ブリちゃんのカバーはぜひライブで聴きたいです!(なさそうだから行かないけど…)

サインは別にいらなかったので、CD一枚も買わずに観てました(笑)。
ものすごく近くで観れたのもよかった。
贅沢。
無料だけど。

前に、私は人の脳のタイプの違いが可視化できる感じにわかると書きましたが、アーティストとかだとほんとわかりやすいです。ちょっと見たら…。
グートのボーカルくん苦労しそうな感じに。(SUKIYAKIカバーもそうだろう。日本へのサービスだけではあるまい)
クワイエット・ドライブはアーティストオーラ出てました。
来日するくらいだからみんな輝いてましたが。

でも、ポジティブなものを信じるって、大切だよなあって思いました。
「新しいこと」をしたりするのって、誰も信じてくれないものを信じるってことですもんね。
それは難しいことだと思います。
クリエイティブの難しさですが。
(マイノリティの活動の難しさもこのあたりですが)

可視化されない以上、誰も信じてなくても、ポジティブなものを信じて行動しないとね
とおもわされる、キラキラアーティストでした。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。