ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

映画&本 メモ

『Xメン 2』 

『Xメン ファイナル ディシジョン』

やっと観ました~。ずいぶん前に、1は観てたんですけど。
1より断然おもしろい!!
Xメンおもしろかったので、おすすめです。
1で「暗いシリアスなアメコミ」に脱落せずに、続きを観た方がおもしろいです
あと、1よりもそれ以降の方が、「Xメンは隠れたゲイ映画である」という部分がハッキリしてますね~。
1ではそんな意識して観なくってもって感じです。
(「ゲイ=男性」って感じの印象はなんとなくありましたけど……)
あと、女性キャラ美しくてカッコよくて可愛いです。
ブライアン・シンガー監督の女優の配役ってそんな感じする(ドクターハウスも)。

どうでもよいことなんですが、2で登場したテレポートできる元サーカスの人はどこへ行ったのでしょう?
よいキャラなのに、『ファイナル ディシジョン』では消えてました。そして、ストーリーに突っ込みたい部分がありますが、それは突っ込んではいけないのだと観ながら思考を自重しました。
アメコミなのにここまで暗いシリアスだとつい気になっちゃうんですよね(笑)。

以下はまだ未見&未読

『ウォッチメン』

アメコミ続きで。

『スモーキング・ハイ』

『40歳の童貞男』スタッフコメディで、ジェームズ・フランコ君出演作なのでとりあえずチェック。

『ベティの小さな秘密』

こうゆう設定は、可愛い映画だといいな。


『暗礁』上・下巻 黒川博行

大好きな『疫病神』シリーズの続きが文庫化してた!
この方の描かれる書き言葉の関西弁は最高です。
小説の文章で関西弁を表現するのってすごく難しいようで、上手くいってる作品を黒川氏以外に知りません。

中身チラ見したら、麻雀だった…。私は麻雀をまったく知らないのですが…、観てないけど間違いなく『アカギ』が好きすぎるだろうと思うのでなんか……複雑です……。
知りたいのか、知らないでいたいってゆうか、知らない方がいいってゆうか(笑)。


拍手コメントありがとうございます!
またあとでレスします。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こないだ読んだK察小説、神奈川県警所属の主人公がコテコテの河内弁喋るのが新鮮でした。
方言ってなんか色気あるなーって思うの私だけでしょうか。
黒川さん読んだことないんですけど、ちょっと書店で見てきます♪

くろみみ | URL | 2010-02-06(Sat)01:28 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010-02-06(Sat)13:35 [編集]


くろみみさんへ

遅くなってすみません~;

> こないだ読んだK察小説、神奈川県警所属の主人公がコテコテの河内弁喋るのが新鮮でした。
> 方言ってなんか色気あるなーって思うの私だけでしょうか。

ハードコア河内弁の小説とか気になります(笑)でも神奈川。
読んでみたいので今度教えてくださいませv
私、方言萌えですv
でも、アンチベタがよいですv

> 黒川さん読んだことないんですけど、ちょっと書店で見てきます♪

そういえば、『暗礁』を読んでたら、「警察のシノギはヤクザより悪質で次元が低い」とか書いてありました。
それに、「わし、稼業をまちごうたな」「腐れ警官になって市民のために働くべきやった」とヤクザが突っ込んでました(笑)。

「K官を腐らす」んじゃなくて、腐れ警官の話とかありましたか~?

フロリー | URL | 2010-02-11(Thu)10:13 [編集]


yさんへ

遅くなってすみません~;
yさん、いつも素敵な情報&楽しいコメントをありがとうございます!
アメコミ系詳しいのですね!(?)
勉強になります~!

> X-MEN御覧になられたのですね~
> 1,2と違ってファイナルはブライアン・シンガー監督じゃないんですよね。

なるほど~!
気付いてなかったです!

>1,2で終わっています(爆)
> ブライアン監督が3をやらなかったのは「スーパーマン」の撮影と重なって、サイク役のジェームズ・マースデン(監督のお気に入り 笑)を連れ立ってそっちを取ったという話です(笑)

わはははは(笑)。
そんな裏事情が。
監督、なんとなくジェームズ・マースデンお気に入りそうって納得。
スーパーマンも観てみようかな~。
よかったですか?

>それまでハル・ベリー好きだったのに、オスカー取ったらそんなになっちゃうの?とガッカリした覚えがあります。

えええ、ほんとだとしたらガッカリですね…。
ハル・ベリーの最高のプロポーションのファンなのに~。オスカーとった作品(?)見たら誰でも惚れるし。
でも、今というか、途中からそのころギリギリの魅力がなくなってきたような気もします…。
でも、美しさをまだ忘れられないから好き(笑)。

>「ワルキューレ」でも、あのトム・クルーズがめちゃめちゃ色っぽいと絶賛らしいです(笑)

えええ?トム・クルーズが(笑)。
でも、トム・クルーズって、一時期「ゲイ疑惑が最強に凄かったハリウッドスター」ですよね。
否定しても否定しても全然消えなくて。
違うと思うけど。

> X-MENシリーズを面白いと感じられたなら「ウルバリン・ゼロ」も御鑑賞されたら、1とのリンクも含めて結構楽しめると思いますよ~そろそろレンタル始まっている時期かな?

また観ます~。

> 「ウォッチメン」もアメコミですが、ストーリーが細部まで作り込まれていると思います。ただ…流血と不要な濡れ場(笑)が結構多いのでそこらへんは要注意です(笑)

観ながら、私は暴力がほんと嫌いで苦手なんだとわかりました;
苦手でしたが、ロールシャッハ先生が好きだったので、彼目当てで最後まで観続けられました。
なんとなく、ジョン・ライドンっぽい感じもあり…。そうじゃなくても、赤毛でアイリッシュっぽいし。(「バッドマン」のヒースのジョーカーは、ジョン・ライドンを役作りのモデルにしてるそうですが)
でもこれアメコミなんだけど、「ヒーロー否定」してますねえ…。なのでヒーローものなのに、暗くてバイオレンスでストーリーもスッキリしない映画に(笑)。
アメコミって、「VSロシア」が凄いな~と思ってました;
コレを観て、「アイアンマン」はアメコミなんだけど、すごくアンチ暴力映画だったんだな~と思いました。
そのあたりがちょっとアトム(手塚治虫)っぽいかも。

詳しい情報ありがとうございました!
またそちらに遊びに行かせていただきます♪

フロリー | URL | 2010-02-11(Thu)12:06 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010-02-13(Sat)00:04 [編集]


yさんへ

長い間お待たせしてしまってすみません;
楽しいアメコミ話のコメントを読んで、とっても癒されました!
ありがとうございます!

> アメコミ特に詳しいわけではないのですが、キャラクターのアクションものが何だかんだで好きなだけですね^^;

そういえば、バイオハザードとか、ギャラクティカの映画化にも反応してられましたよね~☆
なるほど~。

> ジミーさん、結構ゲイの方に人気あるみたいです。米国のゲイ雑誌の表紙&インタブ飾ったこともありますし。
> 「スーパーマン リターンズ」良かったですよ~私は昔のスーパーマンをちゃんと観たことがないのですが、それでもちゃんと楽しめました。ジミーさんも脇ながらイイ役なんですけど、主演のブランドンのセクシーさが際立っているのは、さすが男を撮らせたら天下一品のブライアン監督です(笑)

なるほど!
そういえば、ブライアン監督のスーパーマンを、「眼鏡っ子の乙女マッチョ」と表現されてた方がいたのを思い出しました~。
おもしろいので、観てみますね~。

> 「キャットウーマン」でラズベリー賞を取ったことの盛り返しをしたくて出番を云々…という話もありましたけどね~真相は不明ですけど^^;

なるほど(笑)
確かに、DVDのジャケット何故かハル・ベリーが真ん中ですよね。
主役じゃないのにちょっと不自然と言えばそう…。

> やはりロールシャッハにいきましたか(笑)

読まれていましたか。
うれしいです(笑)。

> 彼は独特の色気がありますよね~そっぽ向かれても構ってあげたい、ワンコみたいな可愛らしさがあるように思えます(笑)

今この文章を読んで、ロールシャッハ先生って、もしかしてツンデレキャラ?!と気づきました(笑)。

> アメコミヒーローって割と皆、過去に何か辛いことがあったり、様々な悩みや問題を抱えている者が、自分のネガティブでダークな面を仮面やコスチュームで覆いながら自分自身や敵と戦う…というような傾向が強いと思うので、「ウォッチメン」ほど「バイオレンスな単なるヒーローもの」は、結構珍しいような気がします…

なるほど~、アメコミヒーローって、バットマンとかも派手だけど真っ黒なコスチュームだし、ネガティブで暗い傾向があるんですね。

> 原作を読んでいないので、もしかしたら、登場人物が多過ぎて人物像まで手が回らなかったのかも…

ロールシャッハ先生を主役にしてくれたら、ジョン・ライドンみたいなアンチヒーローで、イキイキしたスト―リーだったろうし、このDVD買ったのにと思います(笑)。

>「ヒーローがヒーローを否定する」ことに意義がある映画といえば、そうなのかも(笑)

否定しちゃってるから、ヒーローものの醍醐味が薄い映画ですよね~。
ヒーローは、暗くとも、生き生きして欲しいです(笑)。

> 個人的には、「X-MEN」はミュータントという特殊能力を持つ人達に対する弊害や差別などを全面に押し出しているので、それこそ現代社会にも共通する人種やセクシャルティに対する差別などと重ねて観ると、私はかなり奥深い映画ではないかと思っています。

アメコミなのに、あまりにどシリアスで最初びっくりしました~。
二重の意味があるから、そのどシリアスも見ごたえがあって。何より、こんなに登場人物が多いのに、ちゃんとおもしろくて破綻してないのが凄いと思ってしまいました。

> ただ最近のアメコミは、違う作品のキャラ同士を合体させたり(爆)時空列がむちゃくちゃだったり、色々と笑える内容もあるようですけどね(笑)

合体って…ドラゴンボールでもありましたが(笑)。
最近の日本の特撮でも合体するキャラがあるそうなので、流行ってるんですかね(笑)。
おもしろく使えてたら気になりますけど…。

ではでは、また~♪

フロリー | URL | 2010-02-19(Fri)21:15 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。