ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ショパン生誕200年か~

ちょうどタイミングがなくて、書いていなかったのですが、アレキサンダー・マックイーン死去したニュースがとてもショックでした。
服一枚も持ってませんけど。

天才的なデザイナーであるアレキサンダー・マックィーンは、オープンリー・ゲイで、2000年にはパートナーの男性と同性結婚式を挙げていたそうです。

死因については、多くのメディアが自殺ではないかと報じています。
 彼の母親、ジョイスさんが先週亡くなったばかりで、彼はTwitterで「ひどい1週間だった。だが私にはすばらしい友達がいる。なんとかして自分自身を立て直さねばならない」と述べていました。タイムズ紙によると、ジョイスさんは12日に埋葬される予定でした。(Gay Life Japan)

ご冥福をお祈りします。


最近、暗いニュースが多くて、そんなことにもかなり凹んでいたりしたのですが…。
(楽しいニュースはオリンピックくらいかな?)

そうゆうときって、クラシック、ものすごく心境に合いますね…。
昔の人って、そうゆう気分だったのかな……。
暗いことが多いような時期は、あんまり、焦らないほうがいいってことなんでしょうね。
「明けない夜はない」なんていう言葉がありますが、これは自然現象について言ってるんじゃなくて、「意思」なんでしょうね。
ちょっと気候も春めいてきたのが救われます~。

(以下は、ショパンのyoutubeです)

生誕200年で、ショパンのCDがよく売れてるそうです。

私が好きなのはホロヴィッツ(↓)ですが、癒し系ではまったくない!!(笑)

Horowitz-Chopin etude op.10 no.5


部屋で聴いてるだけで、ここは天国?っつうくらい美しい。


Horowitz plays Chopin Mazurka


虹色というか、一人オーケストラなピアニスト…。


最初好きじゃなかったのに、風邪で寝込んでるときに聴いたらすごくよかったポリーニ(↓)。
今は好きになりました。
どうゆう心境の変化だ!(絶対何かある…)

Maurizio Pollini - Etude Chopin op.10 no.1 in C major


ピアノサイボーグとか言われてるそうです。

最初聴いたときは、ダメだったんですけどねえ…。
今は割とシンパシーが…(笑)というか、聴くとスッキリする。
やっぱり癒しではないけど(笑)。

癒されようと思って聴こうと思ったのに…私。
参考にならん私の趣味。

第15回のショパコンって前にネット中継されたらしいですが、もうされないのかな~?


そういえば、前の職場の人が、ユンディ・リ(李雲迪)のファンでした。
「イケメンなのにピアノも上手なの~~」と言うジャニーズファンの方だったので、新しくデビューしたアイドルがいるのかと思ってましたが、ショパコン一位のユンディ・リでした(笑)。

2000年、ワルシャワで開かれた第14回ショパン国際ピアノコンクールで、実に15年ぶりに第1位での優勝を果たし、一躍注目を浴びる。ショパン・コンクールでの優勝はアジアでは史上2度目、中国人では初である。(wikiより)

ブーニン以降、ユンディ・リまで1位がいなかったんですね~。
日本の一部のメディアでは、「中国のキムタク」って呼ばれてるそうです。

Yundi Li plays Chopin Nocturne Op. 9 No. 2


そんなイケメンでもないような…私は地味顔は好きですが。

ユンディ・リ

写真になるといきなりアイドル顔(↑)になってるのが苦手だ…何故…。
イモ萌えなので、真実は「ピアノ一徹のイモピアニスト」だと萌えかもしれません(笑)。


Yundi Li - Chopin "Fantasie" Impromptu, Op. 66」


確かに、かなり女子顔ですが…。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。