ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヤグディンとプルシェンコの悪態

ヤグティンとプルシェンコのライバル関係が、ドラマや漫画より凄くておもしろいです。

プル2

表彰台を遠慮なくまたぐプル(笑)

スターウォーズファンや、ゲームファンが観たらおもしろいかもです(↓)

マスター・ヤグディン完全版


あまりにも似合いすぎて…CG加工グッジョブ(笑)
確かに、ヤグディンの身体性は、マスター・ジェダイが似合うよ!
ヤグディンのステップ神業すぎ!!


ヤグディンってこうゆう人(↓)

荒川静香が選ぶ名演技ベスト3


荒川さんも、名演技ベスト1にヤグディンの金メダルの演技を選んでましたね~。
ヤグディンの最大のライバル関係であるプルシェンコ(熱出してたとか)が、ジャンプでこけて4位に離されていたソルトレーク・オリンピック。
ミスさえしなければ金メダル獲得の絶好の機会に、守りに入らずに攻めた!!
最高難度のプログラムで勝った!!って、パーフェクトにカッコよすぎだろう。
マスター・ジェダイな身体性なのも頷けるよ(笑)。

荒川さんの選んだ第二位のペアは、私もライブ中継で観てて、本当に感動しました!

ヤグティン自伝がよさそうなので、ちょっと気になります~。

オーバーカム―フィギュアスケートオリンピックチャンピオンストーリーオーバーカム―フィギュアスケートオリンピックチャンピオンストーリー
(2005/02)
アレクセイ ヤグディンリンダ プラウズ

商品詳細を見る


プルシェンコと真逆の人なんだけど、道程は正反対でも、目指すところは一緒の人なのかなあ…と思う。
王者の勝ち方。
プルシェンコの今回の悪態は、「俺に勝つ奴はヤグディンぐらいじゃないと認めないんだあああああああ!!!」という意味にもとれなくないです(笑)。
実際、採点方式に不満を表明して「4回転がいらないなら、アイスショ―に改名すべき」とか、そうゆうことを言ってるわけですが。
まーでも、プルシェンコでフィギュア界が大きく変わっちゃう(男子は4回転に挑戦することが必須に…?)というのはすごい存在ですね…;
今の採点方式だと、フィギュア界が「守りに入る」ようになっちゃうってことなのかな~。
詳しくないのでよく知らないのですが…(現在の採点方式は、「小学生でもわかる!プルシェンコが体を張って主張したかったこと」にとても簡単な説明があります)。

ヤグディンは先天的な股関節のトラブルにより引退を余儀なくされたそうですが…。
おもしろすぎる生きる伝説プルシェンコの自伝こそ読みたいですが、まだ伝説を更新し続けてるうちはそんな「過去形」のものに興味は出ないのでしょうね…(笑)。
他の人が書いた本でもいいから、読みたい~。翻訳本出たら売れると思うのに~。

二人の漫画みたいなライバル関係は、詳しくはこちらからどうぞ~。
「貴方に2人の妻がいたとして、どちらをも等しく愛するなんて出来るだろうか? 自分には出来なかった」って、凄まじい喩えですね、ミーシン先生。
間違いなくミーシン先生がいけなかったんだと思います(笑)。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。