ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フィギュア、女子シングル

女子最高おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!
女子シングルみんなすごいいいいいいいいいいいいいいいいいい!
誰が勝っても全員すごいと思う!!

(以下は暑苦しくうっとうしく、とても長々語ってます。後半、女子シングルを観て、やっとこさ私の凹みが直ったという話まで…;)

真央ちゃんかわいいいいいいいいいいい!!!
ジャンプ残念だったけど銀メダルおめでとうございます!!
フリーの赤い衣装の腕が、惣流=アスカ=ラングレーの赤いプラグスーツの腕にそっくりで、そんなことにも萌えました。
(そう思ったのは私だけではないはず。笑)
赤いプラグスーツみたいな衣装と、音楽と振り付けがあっていて美しくカッコよかった!!
ビールマンスパイラルと、片手ビールマンスピン最高に美しい!!
キムヨナと、十代の少女が世界で戦ってるの凄すぎると思った。
挫折を知らない(?)ピュアな真央ちゃん。
これからも応援しています!ありがとう!!
これからもずっと活躍を楽しみにしています!


キム・ヨナ、優勝するとずっと思ってました……(真央ちゃんがんばって欲しいと応援はしてたけど…)
出てきたときから気迫の凄さが全然違ってた。
己のなかの修羅を超えた顔をしてたから。
いろんなものを超越したオーラのスケールが、女王にふさわしい迫力だった。
何か起こらない限り、絶対金とると思った。
そして本人もそう言ってた。
(つまり神に近いプライドの領域?)
演技は見事にパーフェクトで、羽が生えてるみたいなスケーティングだった。
王者のプライドの本当に凄い領域でした。
己のなかの修羅を超越しないと到達できない、羽の生えたようなスケーティングの完璧な王者の領域が本当に凄かった。
金メダリストにふさわしかったです。


鈴木明子さんカッコいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!
最高の演技でした!!
心の金メダルをあげたいです!!
思わず涙ぐんだ!
人間ってすばらしい、と思える演技でした。
8位おめでとうございます!!
己のなかの修羅を超えた顔とその領域の最高のスケーティングでした!!
(摂食障害を乗り越えてオリンピックに立ってるとか、そんな経緯を何も知らない人が見ても、感動する最高の演技でした!!)
何度でも見たい!!
みんなに勇気と感動を与える演技でした!!
もらいました!!ありがとう!!


お母様を心臓発作で亡くされたばかりのジョアニー・ロシェットさんも、己のなかの修羅を超えて出場して、銅メダルを手にした一人ですね。
地元ののカナダ開催だから、手拍子の応援の祝福が凄い。
演技の途中、何度か心の均衡を保ってる危ういときもあったけど、後半の観客の歓声と拍手のすごい応援の辺りから、演技に元気が出た。
見ていて思ったのは、人は人に元気やエネルギーを与えられるんだなってこと。
これは信じないとだめだなって思った。
目に見えなくても、人は人にエネルギーを与えられたりできるって。
それが可視化されていました。
(もちろん、それに傷つけられたり、プレッシャーだったりもするんだけど、そうゆう己のなかの修羅をすべて超えて到達する領域はある)
危うい心の均衡のなか、肯定できて、出場して演技できて本当によかったって思ってると思う。
本当に、おめでとうございます!


安藤美姫ちゃんも、5位おめでとうございます!
すばらしいスケーターなんだけど、修羅に行く自信がない美姫ちゃん。
早くも自伝本を出版したりして、勝負の世界から精神的に一歩引いて参加するようになった。
十代のトリノのトラウマからか、「いい子」になっちゃうんだよね。
それはもちろん悪いことではないんだけど、極限状況の勝負の芸術表現のスケートの世界には向いてない…。
ソチ五輪も、「4回転ジャンプを飛んでギネスに載りたい」って言ってるらしいんだけど、「いい子」にならなくていいんだよ。
「いい子」になって、誰かのために飛ぶ方が、極限状況の勝負の世界より楽なのかもしれない。
でも、あなたは絶対にメダルを狙えるほど実力があるスケーターだと思う。
あなたに足りないのは、修羅を超える、自分を超えてぶつかっていく自信と覚悟だけです。
誰かのために飛ぶのではなく、自分のために、自分を掴んでください。
周りを気にせずに!!誰かのためじゃなくて、自分ために勝負に向かっていってください!
応援しています!!


アメリカから出場の、長洲未来ちゃん。
オリンピックのスケートを観ているのに、バレエを観てるみたいだったよ!!
美しく楽しくて可愛い、完璧な演技でした!!
演技前のインタビューで、「周りは関係ない、これは私のオリンピック」みたいなコメントだったみたいだけど、「それがどうしたってゆうのよ!!」という己を信じるエネルギー、肯定する姿勢はとてもすばらしいです!!
(おそろしく過酷な現実のなかで己を信じ続けるというのは、本当に難しい)
修羅を超えた気迫と輝きの最高の演技でした。
4位おめでとうございます!
これからも活躍を楽しみにしています!!


いい演技する人は、出てきたときにわかる。
気迫が全然違う。
いろんなものを超越して、スッキリしたすごくいい表情をしてるのが、全然違う。
滅多に見れないような、自分の修羅を超越した顔。
キム・ヨナちゃん、鈴木明子ちゃん、長洲未来ちゃんはそんな感じ。
前に、『肯定する』って記事を書いたことがありますが、自分の修羅を超える(一回死んだ上で肯定する)ってことについて考えさせられました。

キム・ヨナちゃんは最初、真央ちゃんと比べられてばかりで、自信がなくて、周りから「スケートをするのが楽しくなさそうな子」って言われるくらいネガティブなタイプだったのに、真央ちゃんも自分もすべて超えて、女王になった。
伊藤明子ちゃんは、有望な選手だったのに、プレッシャーから摂食障害になって出場資格も失い、それからまたスケートをやりたいと戻ってきた選手。
挫折や逆境を乗り越えて自分を信じている境地の気迫の演技。

「己のなかの修羅を超える」って表現を何度も書いてますが、現実のなかの自分を肯定した上で、自分を信じるって感じの意味です。
楽観的じゃないし、逃げ場がないし、身を切られるようにキツイと思います。
自分に迷いがない、みたいな意味です。
「挫折=現実の自分」を超えて、自分を信じるには、己のなかの修羅を超えなければならなかったと思います。

あと、キム・ヨナの女王っぷり、王者の領域を見てると、オノヨーコが「プリンセスとして扱われてきた人間はプリンセスになる」って言ってたことを思い出すな~。
(キム・ヨナはオリンピックで金メダルとるまえから、韓国でさまざまなCMに出てる大スターなのだそうです)
もちろん、彼女はその自覚を武器に、自分から逃げずに努力して、金メダルがあるわけですが。
昔、キム・ヨナ選手は浅田真央と比べられて挫折してきて、「よりによって、どうしてあの子が私と同じ時代に生まれたのだろうか」と思うほどずっとネガティブだったらしいんだけど、あるときの大会(2006年の世界ジュニア選手権だったかな?)で、お母さんに「あなたは優勝しなくていいのよ」と言われて、浅田真央に勝って金メダルとったらしいです。
ずっとネガティブだったけど、「優勝しなくていい」と思って、自分らしい演技ができたんだろうな~。
コメントの流れで、荒川さんが、「まさしくお母さんのその言葉が、キム・ヨナ選手に金メダルをもたらしたんだと思います」って言ってたけど、同感です。
お母さんは、運転手兼マッサージ師兼鬼コーチ兼英語の教師として、一日16時間練習に付き添っってるというのも凄いですが…;
そこから自信をつけて、一躍女王として扱われ、女王になっていったんだと思う。
「よりによって、どうしてあの子が私と同じ時代に生まれたのだろうか」と思っていたらしい、惨敗のネガティブな挫折から、「浅田真央はもう一人の私」(ライバルとして刺激を受けているから私も成長する)というオリンピックでのコメントに変化したんだろうな~。
(もしかしたらポジティブな思考やコメントは、今までお母さんが言ってことがそのまま受け売りな可能性も高いですが…;、実行したのは間違いなくキム・ヨナ選手です)

荒川さんは孤独な一人の努力と気高さで女王になった方ですよね…。
真面目&丁寧で、美しい謙虚な聡明さが、いかにも日本人らしい気高さだなと感動した勝ち方でした。
(しかも、トリノで唯一の金メダルで、すべての日本人選手の中で、唯一メダルを手にした孤高の選手だった)
「クールビューティ」と言われる演技なほど、気高い聡明な人なんだけど、謙虚な飾らない人柄なんですよね。
今回キム・ヨナ選手の女王になる前からの女王の貫録と境地は、オノヨーコの言葉を思い出したんでした。
日本人も、女王として扱われたら、女王になるのでしょうが…。
その到達例が、世界中からバッシングを受けまくる、生まれながらの貴族のオノヨーコって、やっぱ文化的に、性格的に難しいのかしら…。
真央ちゃんも一人で荒川選手のような精神力を身につけねばならないのだろうと、本当に大変だな……と思います。


女子がこんなにがんばっているので、私もがんばる!!!と思ったよ!!!
暗いニュースが多い世の中だけど…、自分を信じて、コンセントレーション!!大事だね!
集中力って大事だ……。もたもたしてたらいかん。
さっさと肯定せんと…。
人間は有限なのだから、ポジティブにならないとだめだな。

女子フィギュア見てよかった!!!!
すごいポジティブになった!!
ありがとう!!
自分を信じてポジティブにがんばります!!

つうか、日本人は細かいこと気にしてたらダメよ!!バカ!!(しかし、そんな日本にいるのです。がんばろ)
細かいこと気にしてネガティブで自信が持てない人が多すぎる(私含む。笑)
自分を信じないで周りばっか気にしてて、自信がないんだよ!!
周りを気にする=自分に自信がない=細かいことを気にする=ネガティブ、みたいなのが嫌!!
細かいこと気にしない=自分に自信=周りをリスペクト=ポジティブ、であってほしい!!(イタリアか?笑)

特に、周りを気にする=自分に自信がないって文化が嫌すぎる!!
この二つがイコールって、自虐的で…嫌な文化だと思う。
(「謙虚」と「自虐」は正反対です)
誰かに判断されなきゃいけない、自信がないって、日本人って子供なの?
(前に、「インディペンデント」って、日本に馴染みがない気がする…って書いたことがありますが、自分にも他人にも自信がないってことなのかな。それでもアメリカとかよりは、日本の方がずっといいと思うけど……)

そんな周りに影響されたらだめだなーそんなことしてる場合じゃない。
そうゆう人ばっかりの文化の日本に住んでるから、難しいんだけど、変わっていってほしいな…少しでも変わって欲しい。
細かいこと気にしない=自分に自信=他者をリスペクトってほんと大事だよ…。

インディがないような文化でインディに生きることについてはマジで悩みまくりますが……。
オタクばっかりいるしな………。
日本のインディペンデントな文化は、オカマ文化くらいなのかしら?!とかCampy!読んでたら思うわ!!
私もCampy!に生きていきます!
(Campy!な生き方のスケート選手、『ジョニー・ウィアー選手』の当ブログ記事はこちら)
オカマ女子!
開き直れ!!
忘れちゃいけないオカマ女心!!
だけど決してオカマにはなれないオカマ女子!!(悲劇)
なんかズレてきてるけど、オカマ女としてオカマ心を忘れず、ポジティブに開き直る!!(笑)
日本で唯一かもしれないインディペンデント文化を見習います!!(いつも最高に楽しい記事をありがとうございます!)


凹んだときは、キム・ヨナ選手と、鈴木明子選手のバンクーバーのフリーの演技を観返そう!!!(私)
ポジティブって、ほんと忘れちゃダメ……!マジで!!

精神的に大変だと思うけど、真央ちゃんがんばれ!!

あー、元気出た。
ずっと凹んでたけど、元気出てよかった!!
ありがとう、女子シングルとCampy!様!!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。