ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

やっぱりか

前に、『虚弱な人のCampな会』って記事で、「オタク=運動神経ダメ」傾向みたいなことを書いたのですが、今日テレビに出ていた香山リカが同じことを言ってました。
自分について、「運動神経が本当にダメで、今の世代だったら、ゲームオタクになったり、漫画にハマッたりしてた」みたいなことを言ってて、やっぱりか!!と思いました(笑)。
私もゲームも漫画もハマってはいませんが…。
香山さん、つまりは、世代が違ったら、自分も「オタクです」と言ってることですよね(笑)。

(以下は、オタクはタフだって話です)

香山リカさんって、(本人もそうおっしゃってましたが)わかりきったことを流行りにのっとって書くという感じで、あまり好きな作風(?)ではないんですが、本人がサクっとオタク認定(名誉なことでは決してない)してたのが好感でした(笑)。
大人だ……。
(それとも、今の風潮に迎合してるのか)

しかし、実際のオタクらしいオタク(コミケに行く人とか)は、すっごいタフだと思います。
オタクはタフじゃないとできない」と友人も言ってました。
「私たちオタクにはなれないね」と言い合っていたのですが(笑)。

あ、もしかして、「運動神経がダメ」と、「体力がない」は別??

香山さんも著作100冊以上(?)とのことだし、それはタフですよね…。

運動神経がダメでも、タフなのがオタクということでしょうか?
タフってうらやましいなあ…そういえば、オタクって、生命力強そうだ……。
好きなことしてるエネルギーに満ちてるし。
社交性さえあれば、オタクってスキル高そうですよね……現代を生き延びるのに一番適してそう。
でも、私はそこ(自己完結の激しさ)が一番苦手なんですよね……鬼門といえるくらいに。
てゆーか、オタク自身は、自己完結の激しさについて、どう思ってるんだろう?(もちろん、そうじゃない人もいますが)
疑問にも思わないんだろうか?もしかして?

オタク特有の自己完結(で高スキル)が、一番生き延びやすいのかと思うと、考えさせられる……;

(今度気が向いたら、日本にインディペンデント文化がほとんどない代わりに、オタク文化があるんじゃないかって説明を書きますね)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

オタク気質ぽいのに
飽きるのが早くてオタクに成り切れ無いCOCO蔵です。オタクになるには執着が足りないのかな。
虚弱も当て嵌まらないし。サブカルチャー論 時間ができたら聞かせて!

COCO | URL | 2010-03-20(Sat)12:27 [編集]


cocoちゃんへ

>虚弱も当て嵌まらないし。サブカルチャー論 時間ができたら聞かせて!

虚弱=オタクではないってば!!(笑)
つまりは、「ディープな文化系」=「オタク」みたいなもんだとは思う。
「ディープな文化系」は、体育会系じゃないから文化系なのよ。

体育会系というのは、まず無駄に体力があり余ってるからこそ体育会系の精神になれるわけで、ね。

サブカルチャー論ではないんだけど…
最近、「メイン/サブ」みたいな二項対立ではないし。
でも、オタクがどうこうってのは、口で説明するにはいいんだけど、文章で説明するにはかなりやりにくいです。
言いきれる問題じゃないから。
それを承知で少し説明すると、

オタクっぽいオタクというか、オタクのきもち悪いとこってさー、なんでだろうなー;とずっと不思議で考えてたんだけど…、「自己完結」したきもち悪さなわけじゃん?
なんで自己完結するんだろう?と疑問に思って、観察しててわかったんだけど、「オタクになれる人」というのは、「一人遊びがずっとできる人」なんだよ。
だから自己完結した感じなるのではないかと…。
それがオタクの痛いとこだよね;
そうゆう意味では恐怖症といえるくらいにオタク苦手です;

私はそこまで自分自分になれないというか;、すぐ飽きるんだよね。
現実(自分以外の現実)がないと無理ってゆうか。

>オタク気質ぽいのに
>飽きるのが早くてオタクに成り切れ無いCOCO蔵です。オタクになるには執着が足りないのかな。

というのも、私と同じかもね~(?)。

あと、自己完結してる人ってさ、要するに精神年齢が低いんだよね;
だから痛いわけだけど。
「オタクのオタクっぽいところ」=「自己完結してるところ」というのは、どっかで「自分のことが正しい」と思ってるんだよね。
または「頭がいい」とか、「自分は人より客観性に優れてる」とか。
(自己肯定の激しさってゆうか…)

こうゆう部分は、「いかにもなオタク」だけじゃなくて、「ディープな文化系」の「オタク」もそうだよねー;
すごいこだわり強い。

「こだわり」は別に素敵なことなんだけどさ、オタク的な性格って「自分が正しい」的な感じがどっかであって、そうゆう「オタクっぽさ」を見ると、うわーーー;ってなる。
私も完璧「ディープな文化系」のオタクで、「こだわり強い」わけだからから、そうゆうオタクのややこしさや、精神年齢の低さを見るにつけ、私はそうはなりたくないわ~;と思うわけですよ…。
気をつけようと。
自分のこだわりの強さで、人を嫌な気持ちにさせてたらと思うと本当に嫌なので。

簡単に言うと、「自分が正しい」と思ってるオタクっぽさってさ、すっごい愚かなわけじゃん?
それを本人だけが気づいてなかったりする「痛さ」なわけですが、そうゆう人に限って「自分は他者よりも客観性に優れてる…」と思ってたりするから、やっぱり自己完結した「オタク的性格」で、やっかいなんだよね…という話。

つまりは精神年齢が高ければ、どんなにこだわりが強かろうが、むしろそれはおもしろい人なのであって、何も問題ないどころか、ときめいちゃうくらい素敵な人なんだけどv
でも、残念ながら、オタクにオタク的痛い人(どっかで「自分が正しい」的な自己主張が激しい)が多いんだよねー。

自分も「こだわり強いディープな文科系」という意味では完全にオタクなので、人の振り見て我振り直せ的な意味でも、「(幅広い意味で)オタク的な人」についてちょっと悩んで、いろいろ考えちゃいました。

フロリー | URL | 2010-05-01(Sat)18:29 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。