ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

心境の変化というか、幅広さ

音楽記事ばかりですみません;自分でも意外です。

Radiohead - High and Dry




Radiohead - Bones


(↑)暗いとこで見たら、髪形のせいか、トム・ヨークってサイモン・ペグに似てることに気付いた(笑)。
笑うがな。
サイモン・ペグ、こっちの路線で映画出る気ないですか?
いいコメディになると思うんですが。

以下は大変ビミョーな内容ですので、読まない方がいいかも…。
ただの一人ごと…。

最近レディオヘッドが好きになってきた(笑)。

(笑)とかをつけないとしゃべれない。
マジで怒られそうで。

いや、元々好きな曲もあったんですよ!!!(名曲「Creep」とか)
ジョニーのギターは最高だし!!
スミスとかにも似てるし。(スミスも最初は無理な要素が多かったです;)
ただ、バンドとしてあんま好きじゃなくて。
ものそ苦手だったんです……。

ファンが多すぎて言えないアンチでした。
(いや、でも、言えない雰囲気ってコワイよね、M○c信者みたいな感じというか…)

今も、バンドとしてはあんま萌えないというか、キュンとしないというか、好きな方法(つまりアティテュード)ではないんですが、それもアリだろうと大人になったんでしょうか。
うん、それもアリだろうと、渋く諦念したのですね。
夢見る年頃じゃなくなったというか、その方が自由がききますよね。

私がレディオヘッドを好きに聴けるようになったということは、「私が自分の中のキモさを認められて、平静に見れるようになった」ということだと思います。

ダメ人間でいいじゃないの、もう、みたいな(笑)。
正直世の中の人も、大したもんじゃないから、もう、みたいな。

なんつうか、パンクとしては、「引っくり返す」「突き抜ける」みたいな衝動というか、
自己愛すら突き抜けたい衝動というか、
(この言葉を使うのが許されるならば)愛
自己愛以外の愛
そんなのできるわけねーだろ、というのを「やる」のがパンクというかね、できないとわかっててもそれが嫌で、やること自体がパンクというか、だからこそアティテュードが大事だったりするのですが。
「自己愛」でも「自己嫌悪」でもなくというか。
「境地」なんてできなくても、それでも目指してる衝動というか、状態というか。

ナルすぎる自家中毒とか、他人であっても見てるだけで耐えられない。
こうゆうパンクな(?)アティテュードから、レディオヘッドが苦手でした。

今でも(トム・ヨークも大好きな)村上春樹は無理だし。
自分が勃起してることに責任とれないとか言われても(←比喩です)、みたいな。

しかし最近、そんな私がレディオヘッドを好きに聴けるようになったということは、間違いなく心境の変化です。

レディオヘッドのファンというと、レディオヘッドを通じて、「憧れ」とか、「理想」とかを感じてるように見えるんだけど(違ってたらすみません;)、私にとって、レディオヘッドは「現実」です。
「平静」「冷静」になるための音楽
冷静に自分のダメさを見つめるための音楽……なので、平静になることが多いです。(Creepとか「境地」な「持っていかれる曲」もあるけど)

キモくっても生きていけるさーーーみたいな。

新しい時代のためのダメ人間のための歌。
というのは、普通ですけど、ロックの「何者かになろうとする欲求」が今までとは逆方向なんですよね。
その自己肯定的ナルが無理だったんですが。
覚悟して聴いてても、あまりのキモさに肝が冷えたりするし(笑)。

諦念を過ぎての、夢見というか。
通り越して寧ろ等身大になるところが好きです。

等身大の自分がまたキモい(笑)んだけど、等身大感覚がたまに奇跡的に新しい肯定感があるというか。

(多分こんな聴き方してる人いないと思います、あまり……。ファンの方は「陶酔」するんだろうなと思いますし……。失礼なこと書いてたらすみません)

いい曲多いですよね。
好きなバンドではないんですが……( コラッ!)



Radiohead - Creep [Live at The Astoria]


ジョニーのギターがすばらしすぎます。



Radiohead/OK COmputer - 03 Subterranean




Radiohead/OK COmputer - 04 Exit Music (For a Film)



追記もあり。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Radioheadは嫌いじゃないです☆
別に陶酔はしませんでしたけど(笑)、デビュー当時の曲は聴いてましたw
今聞くと、歌詞がほんとナルくんだ!
最近の曲はよく分からないんですけど(汗)、そう言えばグラミー賞にもノミネートされてましたよね?
これを機会にまた聞いてみますv

蛍 | URL | 2009-07-13(Mon)12:17 [編集]


蛍さんへ

ビミョーな一人ごとを読んでいただいてすみません;

>別に陶酔はしませんでしたけど(笑)、デビュー当時の曲は聴いてましたw

おお、デビュー当時だけのファンって珍しくないですか?

>今聞くと、歌詞がほんとナルくんだ!

ナルですよね、聴くと平静になれるという珍しい効果の音楽です(笑)。

>最近の曲はよく分からないんですけど(汗)、そう言えばグラミー賞にもノミネートされてましたよね?

グラミーとってます。彼らは常に話題ですね~。
確かに、次はどんなアルバムだろう?と楽しみなバンドではあると思います。
ギターのジョニーが音楽担当した映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』も音楽で賞とってました。

フロリー | URL | 2009-07-13(Mon)14:42 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。