ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

XーMENはゲイ映画

今夜、金曜ロードショーで『X-MEN』が放送でしたね。

「X-MENはゲイ映画」ということをよく聞いていて、どんなかなとずっと気になってたので観ました。(最初の方だけちょっと観れなかったんですが)

ブライアン・シンガー監督作なんですね。
オープンリー・ゲイの監督です。
X-MENが隠れたゲイ映画であるという点は、すでにいろんなところで語られている通りですが、LGBT問題を抜きにしても、ミュータントの間のヘテロセクシズムがない空気の魅力に惹かれてました。

『ドクター・ハウス』(当ブログ記事はこちら)もブライアン・シンガー制作なのですが、ちょっと似たような感じがあります。
ヘテロのキャラしかいなくても、ヘテロセクシズムな感じがない。
それは、ハウスというドラマの中心人物が、ああゆう突き抜けた人だからかと思ってたんですが、もしかしたら、ブライアン・シンガーって部分もあったのかも、と思う。

X-MEN観ながらそんなことを思い、またかよ、自分という感じです。
またかよ、またゲイ的感性が好みストライクだったのか。
昔からずっと、気づくといつも、好きなアーティストはゲイだということはわかってるんですけど。
もちろん、後でゲイだとわかるんですけど。
とはいっても、「ゲイのアーティスト=すばらしい感性ですばらしい作品を作れる」なんてわけではなく、表現者として普遍性のある作品を作れなければ意味がないわけですが。
昔は、好きなアーティストが不思議なほど皆ゲイなので、「ゲイのアーティスト=すばらしい感性」なのかとほとんど憧れてましたけど…。
でも別に、表現に、ゲイ当事者じゃないとダメだというわけはないわけです。
当たり前ですが、ゲイのイマイチなアーティストもいるわけです。

男でも女でもない、中心ではないところから出てくる普遍性が好きです。
司馬遼太郎が、アイリッシュについて、ヨーロッパの辺境だからこそ、ヨーロッパの普遍的な感性があると書いていたようなことを思い出しますが…。
浅田彰が、マイノリティの表現を批評する際に「普遍性」にこだわる気持ちには、そうゆう側面もあるのだろうなと思います。
(昔、浅田彰が「普遍性」という言葉を、こだわって主張することが意外で、違和感があったのですが…)

ちなみに私は、BLも、ヘテロセクシズムがない感覚の作品があるのが好きなんだな、と思います。
オープンリー・ゲイの監督ほどの感覚を作りあげられなくとも。
好きな作品はごく一部なので、(というか、あまりにハズレが多いので)あまり買わないですが…。

普遍性のあるゲイ的な感性と、ヘテロセクシズムがない普遍性のある感覚は、似てるってことでしょうか。
よく考えたら当たり前ですが。

個人的には、X-MENのヘテロセクシズムがない感覚の空気に色気を感じつつも、途中までローグたん、ハァハァでした。
最後がなんか普通になったので、アレッ?と思いましたが(笑)。
それはまあしょうがないのでしょうか(?)。

【追記】 7/29
ブライアン・シンガー監督の『ユージュアル・サスペクツ』は、ヘテロセクシズムがないような感覚は、特別に際立っては感じられず。
そもそも女性がほとんど出てこない映画ではあるんですが。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

知りませんでした!

フロリーさん、はじめまして。
私はシンガー監督のX-MENシリーズが大好きで、ミュータントのマイノリティさが「ゲイ的感性」で凄くよく描かれてるなと思ってました。だから鑑賞中も何となく少数派の急進ミュータント側を応援してしまったり(笑)。

そしてえええ、HOUSEってシンガー監督だったんですか!?
Hugh LaurieとSingerさん、どっちも好きなのでこりゃ~見ねばならんかも・・・(あ~、地上波でやってる時見りゃよかった・・涙)

naberu | URL | 2010-07-26(Mon)19:15 [編集]


naberuさんへ

初めまして、コメントありがとうございます!

X-MENシリーズは、マイノリティの問題が、迫力ありますよね!初めて観たとき、アメコミなのにテンションがあまりにシリアスで重くてびっくりしてしまいました。

>Hugh LaurieとSingerさん、どっちも好きなのでこりゃ~見ねばならんかも・・・(あ~、地上波でやってる時見りゃよかった・・涙)

間違いなく、naberuさんはドクター・ハウス大好きだと思いますよ!
私は専門チャンネルで今、第4シーズンを観ています。今その二週目ですが、ハウス先生って、プラトニックなバイセクシャルのような感じです(笑)。
(私は地上波は観てないのでわかりませんが)ドクター・ハウスは吹き替えではなく、字幕の方が絶対によいので、特にヒュー・ローリーのファンならDVDレンタルのほうがよいかもしれませんよ?
(日本の地上波は吹き替えの放送が主流ですし。もし英国在住でいらっしゃるなら、関係ないですけど…)
ヒュー・ローリーの喋る独特のテンポこそ、ドクター・ハウスの繊細な天才性が表現されているので、吹き替え版以外をオススメします。

naberuさんのサイトに今チラリと遊びに行かせていただいたのですが、凄い素敵なサイトさん~~~です!
リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
リアル版・「オレたちルームシェアリング~」爆笑です(笑)!ADDとOCDのコンビって!可愛いうらやましい!

英語に堪能でいらっしゃるのもうらやましいです。
私も英コメディ女子部入りたいですが、残念ながらそれほど詳しくありません…。(けっこうコメディ映画は観てますけど…)

フロリー | URL | 2010-07-26(Mon)23:31 [編集]


フロリーさんへ~

あ、もうどうぞどうぞリンクしちゃってください!とてもありがたいです。 そして可愛いでしょ~、あの二人(笑)!一時期ウィキに"恋人"って書かれてたくらいですし、萌えどころ満載です。二人で楽しくメイド服とか着ちゃってるからゲイだと疑われるんだよ・・・まったく。
(証拠動画:http://www.youtube.com/watch?v=VnoRnnJESEA)

プラトニックなバイ・・それ聞くだけで萌えますね(笑)。しかも今のかっこ良いヒュー様が・・。バリバリ日本在住なんでツ○ヤでも行こうかな。地上波でやってたら頑張って英語で見るのですが・・・。

コメディ部に入りたいと言ってくれる方がいるなんて!(涙) これからも頑張って芸人を紹介するので、コメディファンになって下さると嬉しいです~。英語については私は今までイギリス英語がよく分からなかったのですが、コメディにハマッてから愛で能力を上げました(笑)。

naberu | URL | 2010-07-27(Tue)15:14 [編集]


naberu さんへ

> 一時期ウィキに"恋人"って書かれてたくらいですし、萌えどころ満載です。二人で楽しくメイド服とか着ちゃってるからゲイだと疑われるんだよ・・・まったく。

日本語だと書いてなくても、英語のwiki見に行ったら、「gay」って書いてて、違うだろ!ゲイじゃなくて、この人は「腐男子」だよ(笑)って思ったことがあります。

> (証拠動画:http://www.youtube.com/watch?v=VnoRnnJESEA)

うわーーーー!可愛い映像をありがとうございます!!
「フレンチメイド」って、「エロいメイド」って意味でしょうか?(笑)
二人とも、私服のときよりイケてますよ!

> プラトニックなバイ・・それ聞くだけで萌えますね(笑)。しかも今のかっこ良いヒュー様が・・。バリバリ日本在住なんでツ○ヤでも行こうかな。地上波でやってたら頑張って英語で見るのですが・・・。

すごくおもしろいのでぜひ☆
二週目では、親友の代わりの男を探して、「俺はゲイじゃない」って言われて、「肉体関係はなくていいぞ」って言い返してました(笑)。
ツ○ヤ、100円キャンペーンしてなかったですっけ?普段ツ○ヤは割高ですよね。
ゲオは旧作100円で安いですが。

> コメディ部に入りたいと言ってくれる方がいるなんて!(涙) これからも頑張って芸人を紹介するので、コメディファンになって下さると嬉しいです~。英語については私は今までイギリス英語がよく分からなかったのですが、コメディにハマッてから愛で能力を上げました(笑)。

現在私は、「よく知らないファン」みたいな感じです(笑)。
愛の語学力、尊敬です!
これからも、サイトの更新をとっても楽しみにしています~☆
お聞きしたいこともあるので、コメントでお邪魔しに行きますね。

フロリー | URL | 2010-07-28(Wed)17:34 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。