ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『コントロール』

ジョイ・ディヴィジョンの映画、『コントロール』が凄くよかったです。

公式サイトはこちら
映画宣伝を観たときは、すごく綺麗すぎな気がしてグッとはこなかったんですが、モノクロームで撮られたアントン・コービー初監督作、すばらしかったです。
ジョイ・ディヴィジョンを知らない人にも観てほしいですね。

ジョイ・ディヴィジョンとニューオーダーというバンドについて簡単に知っておいた方がいいと思いますが、それほど知らなくても伝わるすばらしい映画だと思います。
wikiのジョイ・ディヴィジョンを読んで、数々のオルタナティブ・ロックバンドに影響を与えてる伝説的なバンドということを知ってたら大丈夫。


Love Will Tear Us Apart- Joy Division



レッチリのジョンちゃんも、「皆ジョイ・ディヴィジョンになりたがるけど…」とか言ってましたが。
レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテとフリーが、ジョイ・ディヴィジョンのカヴァーギグを行なう(Barks記事はこちら)
それと同時に、あまりに伝説化されているので、「大したバンドじゃないのに!」と言われたりしている意味もわかりますが。
23歳はあまりに若すぎます。

映画でイアンの奥さん役の女優がサマンサ・モートンで、一緒に借りた『エマ ジェイン・オースティン・コレクション』にもエマの友人役で出ていました。
こちらも、なかなかよかったです。
若きケイト・ベッキンセイルがエマでびっくりしました。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ジョイ・ディヴィジョンの映画ってドキュメンタリーかと一瞬思ったら、普通の(?)映画なんですね~。
実在の人物っていうか、ミュージシャン、特にシンガーを演技するのって難しいから、これはどうなんだろう?
気になりますねv
サイトを観た感じはジャケ買いできそうですがwww

蛍 | URL | 2009-08-26(Wed)12:59 [編集]


蛍さんへ

ジョイ・ディヴィジョンの映画ってドキュメンタリーもあるみたいですよ~。これは伝記映画ですが。

>実在の人物っていうか、ミュージシャン、特にシンガーを演技するのって難しいから、これはどうなんだろう?

主演のサム・ライリー、すばらしかったですよ!!
オーディションではイライジャ・ウッドやキリアン・マーフィやジュード・ロウといった有名俳優を押さえてこの役を勝ち取ったのもわかります。
本人も、10,000 thingsってバンドやってるらしいです。
しかも、劇中のギグ(ライブハウスでのセッション)のシーンは、サムら俳優陣によって演奏されているそうです!凄い!

オススメですよん。

フロリー | URL | 2009-08-26(Wed)18:55 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。