ハード デイズ ナイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

玉三郎上海万博で絶賛「アジアの至宝」

 歌舞伎俳優坂東玉三郎(60)の女形美が中国の人々を陶酔させた。玉三郎の上海万博正式招待公演が13日、上海蘭心大戯院で千秋楽を迎えたが、連日満員が続き、中国メディアも「アジアの至宝」と激賛した。

 同公演は10日に蘇州昆劇院との合同による昆劇「牡丹亭」で初日を開け、玉三郎の「楊貴妃」などで幕を閉じた。16歳の杜麗娘役で主演した「牡丹亭」ではカーテンコールの拍手が手拍子に変わり、ブラボーに相当する「好(ハオ)!」の掛け声が飛び交った。満員の観客は玉三郎の美しさにため息をつき、主人公の心の内を体現した中国語(蘇州語)のせりふに聞きほれ、難しい音調を歌いこなした歌声に陶然とした。

 「女形の原点」昆劇に魅せられた玉三郎は、05年から昆劇の故郷蘇州でけいこを重ね、08年に京都南座で「牡丹亭」を上演した。北京、蘇州、上海でも公演を行い、中国の人々の心をつかんだ。「中国は文化、宗教で大きな影響をもらった国。そこでこれだけのことをさせてもらい幸せです」。当初は3幕のみだったが、09年から全7幕に出演。歌に初挑戦した。「歌うつもりはなかったけれど、歌ってみたらと言われて。こぶしは音符にすることができず、口伝なので覚えるのが大変でした」。

 移動中に録音した歌やせりふを聞き、時間がある時に小さい声で歌いながらけいこした。「曲を覚えるのが先で、次にせりふ、意味を覚えました。すべてを自分の心に沿うように体で覚えることに2年半かかりました。楽な仕事ってないんです」。10月に東京・赤坂ACTシアター(同6~28日)で凱旋(がいせん)公演を行い、11月に香港・深■公演がある。昆劇は衰退していたが、玉三郎効果で再注目され、北京などで再演の要望も多い。「演じる上で役者同士は国境がない。昆劇を活性化させようという動きはうれしいですね」。国境を超えた女形美でアジアの玉三郎になった。

※■は「土へんに川」

http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/p-et-tp0-100614-0009.html


玉三郎さん凄い~~~!
いや、ほんと……。

PageTop

ブリちゃんの大ファンのレディ・ガガ

レディ・ガガの『Telephone』は、ビヨンセとコラボしましたが、元々はガガたんがブリちゃんのために書いたけど、『Circus』落ちした(ボツにされた)曲だったというのは有名な話。

最近、もう「英雄」とでもいえるくらいの活躍のレディ・ガガですが、「ブリちゃんの大ファンのレディ・ガガ」ってなんだか萌えれるくらい可愛いですよね(笑)。
気持ちはわかるけど……!

実はガガの父ジョゼフさん、先日の『グラミー賞授賞式』のアフター・パーティにて、「娘はあなたの大ファン、壁にはあなたのポスターが貼ってあり、曲作りに悩むとあなたの曲を聴いてヒントを貰うそうなんです」とブリトニーに話しかけている。

ガガは以前、ブリトニーのためにと『Telephone』というタイトルで曲を書いたが、残念ながら棄却され、新アルバムではビヨンセ・ノウルズとのコラボを楽しんだ。そうした経緯から、ガガ本人が気遅れしてブリトニーに近づけずにいる様子を察し、ジョゼフさんが見事なアプローチをして見せたのだ。

ブリトニーの関係者とも話をしたジョゼフさん、是非とも娘とのコラボを検討して欲しいと頭を下げ、ついには主要人物と電話番号を交換、この度正式なOKの返事を得た。しかも一曲どころか、数曲レコーディングする可能性が高いという。(【イタすぎるセレブ達・番外編】レディ・ガガ、憧れのブリトニーと初コラボ決定!
から引用)

(続きは、ブリちゃんのTelephone!)

続きを読む

PageTop

セックスをしないレディー・ガガ!!

ツアーで多忙しのレディー・ガガは、独身でいる事を自ら選び、セックスをしない人生も悪くないと思っていると発言しています!!

レディー・ガガはこう発言しました。
「こんな事を言うのは自分でも信じられないけれど、
セックスはしなくていいわ。
現在、私は独身です。
他の人の事を知る時間がないから、独身である事を自ら選んだの。
セックスはしなくていいのよ。
私は禁欲をしているわ。
それでも全然大丈夫よ。
かっこつけるためにセックスをするのは間違っているわ。
もしあなたの準備が出来ているなら、私のコンサートではコンドームを無料で配布しているから、帰る時にもらってね。
でも、セックスをたくさんする事は、別にクールでは無いわ。
強く、自主性を持つ事がクールなのよ」

彼女がこう言う理由は、女性に対するエイズの危険性に警告を鳴らすためでもあるようです。
「女性に対するHIV感染率が世界中で上がっています。
そういう女性が検査をしないのが、問題なの。
もうゲイのコミュニティーだけの問題では無くなっている。
たくさんの女性が感染しているのよ。」

レディー・ガガはあまり浮いた噂は上がりませんよね。
彼女がPVで凄くセクシーなのは、禁欲しているパワーをそこで発散しているからかも!!

http://www.hollywood-news.jp/news/%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%82%B4%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%AC%EF%BC%81%EF%BC%81.html


レディ・ガガ超クールだわ!!!
新時代の見事なポップ・アイコンです!!

こうゆうの(セックスの問題)を簡単に棄却できるのはほんとうにクールでカッコいいと思います。
そうゆうのでグダグダ言い続けるのは本当にアンクール!!
(たとえ政治的な問題だったとしてもね!)
もちろん本人の主張ならかまわないんだけど、そうじゃない人(uncoolなオタクってゆうか…)があまりにも多すぎる。

ミーカたんのときにも思ったんだけどさ。
あの子があんなにアンクールな人たちに寄ってたかられていた問題を簡単に棄却できるのがクールですよん!

さすが新時代のポップ・アイコン!

アンクールな人々に振り回されないようにするってとこは、見習いたいですね!!

あ、ミーカたんのライブ行ってきました☆
最高でした。気が向いたら記事書きます。

(続きは別の訳文??原文を知らないからなんとも言えないんですが、ちょっとニュアンスが違いますね)

続きを読む

PageTop

アイアンマン・ソーリー?

鳩山首相、突然の辞任表明!アイアンマン、日本を救えるのはおまえしかいない!

 鳩山由紀夫首相の辞任表明で日本に力強いヒーローが求められる現在、世界中に熱狂的なファンを持つスーパーヒーロー、トニー・スターク=アイアンマンが総選挙に立候補すると言い出した。

 まもなく日本公開される映画『アイアンマン2』のトニー・スタークといえば、巨大企業の社長兼天才的発明家で、自ら作ったパワードスーツで悪と戦う正義の味方でもある。劇中ではアイアンマンとしての正体を明かしたことで、世界が期待するヒーローとして絶大な支持を得たが、もちろん巨大企業の社長ということでカリスマ性も備えており、強い指導者を求める今の日本には最適の人材だ。

 だが、本人にその気がなければ国の指導者になることはできない。そんな中、6月2日に突然辞意を表明した鳩山首相のニュースを受けたトニーは「今の日本には、どんな試練にも立ち向かい結果を出せる強気の新ヒーローが必要だ。アイ・アム・アイアンマン! 日本の皆さんが、もしわたしのようなヒーローの立候補を望むのならば、全力でその期待に応えるつもり」と民意によっては立候補するという意思を表明した。

 世界中の人気と財力を盾に、アイアンマンは活躍の舞台を日本に移すのか? 迷走する日本に必要なのは、やはり彼のようなヒーローの力なのかもしれない。

映画『アイアンマン2』は6月11日よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国公開

http://movies.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=298542


ぎゃはは!!
このトニーって、「中の人」誰??(笑)
映画配給会社の人?
アイアンマンは政治に関わっちゃいけないんじゃないの?(笑)

続報があって欲しいです(笑)。

PageTop

マドンナの呼びかけで、投獄されていた同性愛カップルが釈放

マドンナの呼びかけで、投獄されていた同性愛カップルが釈放

マドンナが、マラウイ共和国でホモセクシャルであることから投獄された男性カップルを解放するよう嘆願キャンペーンを立ち上げ、多くの署名を集めた結果、5月29日、マラウイ政府がふたりを釈放した。誓約式(同性愛者の結婚の誓い)をあげたこのカップル、スティーブン・モンジェザさんとティウォンジ・チンバランガさんは、14年間の禁固刑を言い渡されていた。

マドンナは30日、自身の創設したチャリティ団体「レイジング・マラウイ」のブログで「私は、愛はすべてに打ち勝つと信じてきました。昨日、私はそれを目の当たりにしました。先週、3万人以上の人々が、スティーブン・モンジェザとティウォンジ・チンバランガを釈放するために署名してくれました。私はこれ以上ない喜びとともに、マラウイのビング・ワ・ムタリカ大統領がふたりの釈放を命じたことを、みなさんにお伝えしたいと思います」と、協力してくれた世界中のファンへ感謝を述べた。

また、「ふたりは解放されましたが、まだ苦しみが去ったわけではありません。活動家のみなさんが、カップルが避難するための場所を探してくれています。残念ながら、マラウイでの彼らの安全と将来はまだ約束されていません。私は、今回のことが私たちの運動の第一歩となることを願っています」とメッセージを送った。

マドンナは、マラウイ出身の子どもふたり、マーシーとデビッドと養子縁組しており、現在チャリティ団体を通じて同地に女子校を建設している。

http://eiga.com/buzz/20100602/3/


行動を起こして、実際に釈放されたのがすごいし、喜ばしいですね。
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとかもよく「運動」してましたが(それらの是非はさておき)、「よい結果」をあまり聞いたことがないんですよね。
流行ってるセレブのチャリティ(?)系も。
それぞれに、「やりたいことをやってる」んだと思いますが、でもこれは、やりたいことをやって、よい結果になってるのが喜ばしいです。
(よく知らないんですが;)

それにしても、マドンナ、こうゆう文章上手いですね。
マイケルの追悼のときも思いましたが。
(誰か考えてくれるブレインがいるのかもしれませんが、マドンナらしくてよい文章です)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。